デジタルスクラップアプリ「Pixave for Mac」がHigh SierraおよびHEIFをサポート。

スポンサーリンク

 デジタルスクラップアプリ「Pixave for Mac」がHigh SierraおよびHEIFをサポートしています。詳細は以下から。


 韓国Little HJは本日、同社が開発&販売している写真やドキュメントなどを保存,管理できるMac用デジタルスクラップアプリ「Pixave for Mac」をv2.3.1へアップデートし、「macOS 10.13 High Sierra」およびHigh Sierra/iOS 11でサポートされた画像フォーマット「HEIF(.heic)」をサポートしたと発表しています。

HEIFをサポートしたPixave

What’s New in Version 2.3.1

  • Ready for Pixave for iPad
  • Support for macOS High Sierra
  • Added the ability to import HEIC, HEIF (Requires macOS High Sierra)
  • Improved SVG importing
  • Improved ProRes 4444 with alpha channel movie importing
  • Improved Library Switcher UI
  • Fixed scroller problem with third-party mice devices
  • Fixed a problem where Rename didn’t work correctly on macOS High Sierra
  • Fixed a crash that would occur when importing movie file

リリースノートより

 また、同バージョンでは先日発売されたiOS 11やドラッグ&ドロップ、iCloud経由での同期をサポートした「Pixave for iPad」との互換性やSVG/ProRes 4444画像のインポート、ライブラリの切り替えの性能が向上しているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみて下さい。

Pixave for MacでHEIFを利用するには、macOS 10.13 High Sierra以上が必要です。

Pixave for Mac 1,800円

Pixave
Pixave
Developer: デベロッパ:LittleHJ
Price: ¥1,200