macOS 10.12.3以降のMacBook Pro Late 2016では省エネルギー設定にするとバッテリー駆動時に輝度を75%まで下げる仕様に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.12.3以降のMacBook Pro Late 2016では省エネルギー設定にするとバッテリー駆動時に輝度を75%まで下げる仕様になっているそうです。詳細は以下から。


 AppleはmacOS Sierra 10.12.3アップデートで、一部MacBookのディスプレイ輝度が75%(12クリック)より高く設定されていると、メニューバーのバッテリーアイコンでディスプレイが著しくエネルギーを消費しているという通知を出し、この通知をクリックすると75%まで輝度を下げる設定を追加していますが、

 この事について追記されたサポートドキュメント”About Mac notebook batteries”によると、MacBook Pro Late 2016ではもう1つ輝度が75%になる条件が加えられており、macOSのシステム環境設定アプリから

  • [省エネルギー] → [バッテリー] → [✅ バッテリー電源使用時はディスプレイを少し暗くする]

の設定がONになっているとバッテリー使用時に輝度が75%まで下げられるそうで、

On 2016 MacBook Pro computers, the display brightness adjusts to 75% when you unplug the computer from power if you have “Slightly dim the display while on battery power” enabled.

About Mac notebook batteries – Apple Support

実際に試してみましたが、MacBook Pro Late 2016 (macOS 10.12.3)とそれ以前のMBPでは以上の省エネルギー設定時に輝度の下がり方が違い、前者は輝度が強制的に75%へ、後者は1クリック(6.25%)減るだけになっているので対象のMacBookを利用されてい方は試してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    そこまで気にするならバッテリー減らさなきゃ良かったのに

  2. 匿名 より:

    省電力に躍起だね
    いいことだよ