Safari 10では「target=”_blank”」リンクを開いた後に、前のページへ戻ると開いたタブを閉じてくれる仕様に。

スポンサーリンク

 Safari 10では「target=”_blank”」リンクを開いた後に、前のページへ戻ると開いたタブを閉じてくれる仕様になっています。詳細は以下から。

safari-256-logo-icon

 Safari 10ではFlashなどのレガシィープラグインがデフォルトでOFFになり、HTML 5ビデオのPinPや+Shift+Tで閉じたタブを復元することや多くのWeb APIなどがサポートされていますが、target=”_blank”付きのリンクを開いた後に戻る動作が可能になっています。

<a href="hogehoge.html" target="_blank">

 また、target=”_blank”付きのリンクを開いて、前のページに戻るボタンや戻る+[ショートカットキーを実行した際には開いたタブが閉じるようになっているので、興味のある方は確認してみてください。

デスクトップ版Safari 10のみの機能です。

コメント

  1. 匿名 より:

    自然な挙動になったよな。こういう実装は大歓迎。

  2. 匿名 より:

    トラックパッドで操作しているとタブを閉じるのが
    煩わしかったので大変便利になりました