Apple、開発者向けに「macOS Big Sur 11.3 beta 4 Build 20E5210c」や「iOS/iPadOS 14.5 beta 4 Build 18E5178a」などを公開。

スポンサーリンク

 Apple、開発者向けに「macOS Big Sur 11.3 beta 4 Build 20E5210c」や「iOS/iPadOS 14.5 beta 4 Build 18E5178a」などを公開しています。詳細は以下から。

macOS 11 Big Surのロゴ

 Appleは現地時間2021年03月15日、昨年11月にリリースしたmacOS Big Surの3度目のマイナーアップデートとなるmacOS 11.3の4th Beta「macOS Big Sur 11.3 beta 4 (20E5210c)」「iOS/iPadOS 14.5 beta 4 Build 118E5178a、「watchOS 7.4 beta 4 Build 18T5183b」、「tvOS 14.5 beta 4 Build 18L5186a」を開発者向けに公開しています。

macOS Big Sur 11.3 beta 4 (20E5210c)

  • macOS Big Sur 11.3 beta 4 (20E5210c)
  • iOS 14.5 beta 4 (18E5178a)
  • iPadOS 14.5 beta 4 (18E5178a)
  • watchOS 7.4 beta 4 (18T5183b)
  • tvOS 14.5 beta 4 (18L5186a)

March 15, 2021

Releases – Apple Developer

 macOS Big Sur 11.3 beta 4のリリースノートはbeta 3と変わりなく、Appleが開発者に対し提供していたApple A12Z Bionicチップ搭載のApple Silicon用の開発キット(DTK:Developer Transition Kit)のサポートが終了したほか、macOS 11.3より前にBuildしたアプリでCommandMenuの内容が表示されない既知の不具合が引き続き確認されているそうです。

macOS Big Sur 11.3 Beta 4 Release Notes

 macOS 11.3 Big Sur/iOS 14.5については既に新機能の情報が提供され、SafariのカスタマイズオプションやApple M1 Macで実行可能なiPhone/iPadアプリにキーボードタッチ機能の追加、リマインダーアプリのアップデート、Apple News+のタブの刷新、昨年発表されていたXbox Series XのXbox ワイヤレス コントローラーやPS5のDualSense ワイヤレスコントローラーのネイティブサポートが行われる予定で、iOS 14.5/watchOS 7.4ではユーザーがマスクをした状態でもペアリングされたApple Watchを利用してFaceIDの解除が行えるようになっています。

これまでのリリース日一覧