MacBook Pro (2021)に搭載されているApple M1 Pro/MaxのGPUスコアはAMD Radeon Pro 5500MやPro Vega 56と並ぶものの、アプリベースではそれ以上になるもよう。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (14/16インチ, 2021)に搭載されているApple M1 Pro/MaxのGPUスコアは前Intel MacBook ProのRadeon Pro 5500Mと並ぶものの、アプリケーションベースではそれ以上になるようです。詳細は以下から。

Apple M1 Maxのロゴ

 Appleは現地時間2021年10月18日にオンラインで開催したスペシャルイベント「Unleashed.」の中で、昨年11月に発表したApple SiliconApple M1チップと同じ5nmプロセスでハイエンドMac向けに開発したM1 Max/M1 Proを発表し、

Apple M1 Pro/Maxのダイサイズ

このApple M1 Pro/MaxチップにはM1 Proチップが最大16-Core、M1 Maxチップが最大32-CoreのGPUを搭載可能で、その性能はAMD Radeon Pro 5X00M dGPU搭載の前Intel MacBook Pro (16インチ, 2019)を上回るとされていたので、

Apple M1 Maxチップの16-Core GPU

Geekbench Browserに登録されたMacBook Pro (14/16インチ, 2021)のグラフィックス(Metal)ベンチマークスコア[MacBook18.x]をベースに比較してみました。

スポンサーリンク

Apple M1 Pro/MaxチップのGPU性能

 Apple M1 Pro/MaxチップはCPUと同じくコア数に違いがあり、Apple M1 Proチップは14-Coreまたは16-Core、M1 Maxチップは32-Coreまたは16-Coreで、その違いはGeekbenchのデータからは判断できない*ため、Apple M1 Pro/Maxで分類していますが、

OpenCLのデータのCompute Unitsを見る限りでは、Apple M1 Proチップが16-Core、M1 Maxチップが32-Coreのものがレビュー用に用意さたようです。

Apple M1シリーズ

Apple
M1 Max
Apple
M1 Pro
Apple
M1
ロゴ Apple M1 Maxのロゴ Apple M1 Proのロゴ Apple M1
CPU 10-Core
高性能コア:8-Core
高効率コア:2-Core
8-Core or 10-Core
高性能コア:6-/8-Core
高効率コア:2-Core
8-Core
高性能コア:4-Core
高効率コア:4-Core
GPU 32-Core or
24-Core
16-Core or
14-Core
8-Core or
7-Core
メモリ 64GB(Max)
32GB
32GB(Max)
16GB
16GB(Max)
8GB
メモリ帯域 400GB/s 200GB/s 66GB/s
Neural Engine 16-Core
トランジスタ数 570億 337億 160億
外部ディスプレイ 最大4枚 最大2枚 最大1枚
I/O Thunderbolt 4 Thunderbolt/USB 4

Geekbench Browserに投稿されたM1 Pro/MaxのMetalスコアを最新の3スコアを平均してプロットしたところ、Apple M1 ProチップのMetalスコアが以下のMacのMetalスコアと同程度の41,000で、

  • MacBook Pro (16インチ, 2019)の最上位のAMD Radeon Pro 5600M
  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)のAMD Radeon Pro 5500 XT (8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)

Apple M1 MaxチップのMetalスコアが、

と同程度の67,000となっており、

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のGPUベンチマーク

クリックで拡大

Appleはスペシャルイベント「Unleashed.」の中で、Apple M1 Proチップのグラフィックス・パフォーマンスはApple M1の最大2倍、M1 Maxは最大4倍になると発表し、

Apple M1 Pro/MaxとApple M1のGPU

Apple M1チップのMetalスコアが約21,000で、AMDとアーキテクチャが異なるため一概に比較できませんが、AppleによるとM1 ProチップのGPUのEU(execution units)がAMD Radeon Pro 5500Mとほぼ同じ2,048で、演算性能が5.2TFLOPS、M1 MaxチップのGPUがAMD Radeon Pro Vega 64と同じ4,096EU&10.4TFLOPSとなっていることを考慮すると、上記のスコアはそれなりに正しいと思われます。

GPU Compute
Units
Stream/Execution
Processors
FP32
(TFLOPS)
メモリ TBP
AMD Radeon
Pro 5300M
20 1,280 最大3.2 GDDR6
4GB
50W
AMD Radeon
Pro 5500M
24 1,536 最大4.0 GDDR6
4GB or 8GB
AMD Radeon
Pro 5600M
40 2,560 最大5.3 HBM2
8GB
Apple M1 Pro 16-Core 2,048 最大5.2 Unified Memory
最大32GB
不明
AMD Radeon
Pro Vega 64
64 4,096 最大11.06 HBM2
16GB
250W
Apple M1 Max 32-Core 4,096 最大10.4 Unified Memory
最大64GB
不明
Apple M1 MaxのMetalスコアがM1のMetalスコアの3倍程度しかないのが少し気になりますが…

アプリケーション・ベースでのパフォーマンス

 Geekbenchを利用したグラフィックス・ベンチマーク(Metal)では、前MacBook Pro (16インチ, 2019)のAMD Radeon Pro 5600Mと比較してApple M1 ProチップのGPUは同程度、M1 Maxチップは約1.5倍となっていますが、Appleはスペシャルイベントや公式サイトで、Final Cut ProやMaxon Cinema 4D、昨日アップデートされたBlackmagic DaVinci Resolveなどを利用した実際のパフォーマンス比較を公開しており、

Apple M1 Pro Max GPU vs AMD Radeon Pro 5600M

それによると、GPUの強化だけでなく、最大64GBまでアップデートできる200~400GB/sのメモリ帯域を持つUnified Memoryや機械学習用の16-Core Neural Engine、そしてH.264とHEVC(H.265)に加えApple ProResのハードウェア・アクセラレーションをサポートしたメディアエンジンを1つのチップに収めたことで、

Apple M1 Pro/Maxチップのメディアエンジンとユニファイドメモリ

MacBook Pro (16インチ, 2021)のApple M1 Pro/MaxプロセッサはRadeon Pro 5600Mと比較して1.7 ~ 4.5倍のパフォーマンスを発揮できるようになっているそうなので、購入された方は利用しているアプリケーションで実際の性能をチェックしてみてください。

AMD Radeon Pro 5600MとApple M1 Pro/Max GPUのパフォーマンス

おまけ

 ちなみに、IntelからApple Siliconへの移行計画の最終年となる2022年には、最大40コアCPU/128コアGPUが選択可能なMac Proが用意されるだろうとされています。