macOS 13 Venturaに対応しSSDが交換可能な最後のMacBook Pro「MacBook Pro (13インチ, 2017, Thunderbolt 3ポートx 2)」のSSDを2TBへアップグレードしてみた。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaに対応しSSDが交換可能な最後のMacBook Pro「MacBook Pro (13インチ, 2017, Thunderbolt 3ポートx 2)」のSSDを2TBへアップグレードしてみました。詳細は以下から。

Sabrent Rocket 2242 SSD

 Appleが販売するMacBook Proシリーズは、Apple T1とTouch Barを搭載したMacBook Pro (2016)モデルからSSDがオンボードとなり、ユーザーがアップグレードすることが難しくなり、Apple T2チップではAES暗号化ストレージ機能が追加され、SSDが暗号化&UIDがMac紐付けされ、ユーザーアップグレードがほぼ不可能になりましたが、

Apple T2 Security

そんなMac用SoCとTouch Barを搭載したMacBook Proと並行して2016 ~ 2017年に販売されていた「MacBook Pro (13-inch, 2016/2017, Two Thunderbolt 3 ports)」 (モデル:A1708)は、非公式ながらSSDをユーザーがアップグレードすることが可能で、

MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)

SSDをアップグレード中のMacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)モデル

かつ、2022年の秋にもリリースを予定している次期Mac OSmacOS 13 Venturaのシステム要件からも外れず、後3年はセキュリティアップデートが受けられるようだったので、アダプターとNVMe PCIe SSDを購入して128GBモデルを2TBへアップグレードしてみました。

macOS 12 MontereyとmacOS 13 Venturaのシステム要件

macOS 12 MontereyとmacOS 13 Venturaのシステム要件

2019年に発売されたMacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)は、Touch Bar&IDとApple T2チップ搭載で、SSDがオンボードになっているため、SSDのアップグレードは不可能です。
スポンサーリンク

SSDアップグレード

購入したSSDとアダプター

 以前、MacBook Pro (13-inch, Early 2015)のSSDをアップグレードした際にも書いた通り、AppleはmacOS 10.13 High Sierraから、AppleのネイティブNVMeドライバをサードパーティ製NVMe SSDでも利用できるようにしたため、既にOWCTranscendなど多くのメーカーがMacBook用のSSDを発売していまが、今回はSabrent Rocket NVMe PCIe M.2 2242 2TBとSintech M.2 NVMe SSDアダプターカードを購入。

Sabrent Rocket 2242 SSD  2TBとSintech M.2 NVMe SSDアダプターカード

Sabrent Rocket 2242 SSD 2TBとSintech M.2 NVMe SSDアダプターカード

 Sabrent Rocket NVMe PCIe M.2 2242は型番の通り、Type2280(22 x 80mm)よりコンパクトなType2242(22 x 42mm)のNVMe SSDで、現在Amazonでは512GBモデル(SB-1342-512)が約1万円、1TBモデル(SB-1342-1TB)が約1万9千円、2TBモデル(SB-1342-2TB)は約3万8千円前後で販売されていますが、2TBモデルはタイムセール祭りやプライムデーセールで定期的に約20%OFFの29,749円で販売されています。

Sabrent 2TB Rocket NVMe PCIe M.2 2242

 Sintech M.2 NVMe SSDアダプターカード(ST-NG2016PRO)は、Type2230/2242タイプのM.2 PCIe NVMe (Mキー) SSDを、AppleのMacBook Pro (13-inch, Two Thunderbolt 3 ports)モデル用のSSDコネクタに変換してくれるアダプターで、2,400円程度で購入できます。

Sintech M.2 NVMe SSDアダプターカード

Sabrent Rocket NVMe PCIe M.2 2242 2TB(SB-1342-2TB)とSintech M.2 NVMe SSDアダプターカード(ST-NG2016PRO)

分解してSSDを取り外す

 MacBook Pro (13-inch, Two Thunderbolt 3 ports)モデルの底面パネルを開け、SSDにアクセスするには、星型P5とトルクスT5ドライバーが必要で、加えてギターピックと吸着カップがあると取り外しやすく、OWCiFixitの分解レポートを見ながら行えば10分程度でSSDへアクセスできます。

MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3ポート) A1708モデルの分解

 今回アップグレードしたMacBook Pro (13-inch, Two Thunderbolt 3 ports)には、デフォルトでApple製のSSD「AP0128J」が搭載されており、macOS 12 MontereyではApple純正SSDを利用しないとファームウェア・アップデートがパスできずに、macOSをアップグレードできないといった問題が確認されているので、今後も最新のmacOSにアップグレードしたい場合は大切に保管しておくことをお勧めします。

AP0128JとSabrent Rocket NVMe SSD PCIe M.2 2242 2TB+Sintech M.2 NVMe SSDアダプターカード

AP0128JとSabrent Rocket NVMe PCIe M.2 2242 2TB+Sintech M.2 NVMe SSDアダプターカード

AP0128Jの厚さは4.0mm、Sabrent Rocket NVMe SSDとSintechのアダプタを合わせた厚さは4.6mmですが、MacBook Proの底面パネルは閉められます。

macOSのインストール

 MacBook Pro (13-inch, Two Thunderbolt 3 ports)に換装したNVMe SSDには、macOSが入っていないどころか、フォーマットもされていないため、インターネット復旧や起動可能なUSBメディアなどを利用してフォーマットしてやる必要がありますが、最新のインターネット復旧が起動できなかったり、

macOSのインターネット復旧エラー

macOSのインターネット復旧エラー

macOSの復旧/インストーラーのディスクユーティリティが、1度目はSSDを認識しない問題(YouTube)などがあるので、どうしてもSSDが認識されない場合は、別のMacでフォーマット&macOSをインストールしてから換装してみてください。

サードパーティ製のNVMe SSDが認識されない

ベンチマーク

 macOSのインストールさえできれば、Sabrent Rocket NVMe SSDはリンク幅 x4、リンク速度は8GBT/sのソリッドステート PCI-Expressドライブとして認識されます。

Sabrent Rocket nano 2TB

 ベンチマークですが、まず、Blackmagic Disk Speed Testでは、Apple SSD AP0128JがシーケンシャルRead 2200MB/s, Write 670MB/sだったのに対し、Sabrent Rocket NVMe SSD 2TBはシーケンシャルRead 1900MB/s、Write 1700MB/sと、Write値が約2.5倍になったものの、Read値は約0.8倍程度に落ち込みました。

 この結果は、スコアが違う*ものAmorphousDiskMarkベンチマークでも同様の傾向で、元々、Sabrent Rocket NVMe SSDはBiCS4 TLC NANDフラッシュメモリーを採用し、Read値が最大2500MB/s、Write値が最大2100MB/sというスペックだったので、Sabrent Rocket NVMe SSDはほぼスペック通りで、

AmorphousDiskMarkベンチマーク

*ベンチマークのテストサイズが異なります。

シーケンシャルRead値に関してはApple SSDのスペック値のほうが勝っていたようですが、容量128GBのAP0128JではmacOSのシステムとXcodoeをインストールしただけで空き容量が半分以下になっていたのに対し、

Apple SSD AP0128JとSabrent Rocket NVMe SSD 2TBの空き容量

Apple SSD AP0128JとSabrent Rocket NVMe SSD 2TBの空き容量

2TBのSabrent Rocket NVMe SSDでは、macOSとXcode、macOS 13 Ventura (Beta)を別ボリュームにインストールしても、約1.9TBの空き容量があるので、既に使わなくなったMacBook Pro (13-inch, 2016/2017, Two Thunderbolt 3 ports)を有効活用したい方はチャレンジしてみてください。

MacBook Pro (13-inch, 2016/2017, Two Thunderbolt 3 ports)にmacOS 13 Venturaをインストール

おまけ

 2016~2017年に発売されたMacBook Pro (13インチ, Two Thunderbolt 3ポート)モデルはSSDをアップグレードできる最後のMacBook Proですが、このMacBook Proはバタフライ構造のキーボードで、文字が入力されない/反復入力される問題に対する「キーボード修理プログラム」やディスプレイ下から光が漏れ出すFlexgate問題に対する「ディスプレイバックライト修理プログラム」

一部のSSDでデータの消失やドライブの故障が発生する可能性に対する「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム」、コンポーネントの故障により内蔵バッテリーが膨張する可能性に対する「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラム」の合計4件のリコールが出ている機種なので、使い続ける方は突然の故障などに注意してください。

2016~2017年製のMacBook Pro(Touch Bar非搭載)モデルに関するリコール

自信のない方は、多少高くなりますが、秋葉館Amazonで販売されている相性保証や必要な工具が付属するアップグレードキットをお勧めします。