iOS 14/iPadOS 14ではアクセシビリティの「ヘッドフォン調整」機能を利用し、EarPodsや第2世代AirPods/Pro、Beatsヘッドフォンで特定の周波数や音域を調整することが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14ではアクセシビリティの「ヘッドフォン調整」機能を利用し、EarPodsや第2世代AirPods/Pro、Beatsヘッドフォンで特定の周波数や音域を調整することが可能になりました。詳細は以下から。

Appleの左右独立Bluetoothイヤホン「AirPods」のアイコン。

 Appleは現地時間2020年09月16日、iPhoneやiPad向けにiOS 14/iPadOS 14をリリースしましたが、このiOS 14/iPadOS 14を搭載したiPhone/iPadでは、AppleやBeats製のイヤホンやヘッドフォンで特定の周波数や音域を調整する事が可能になっています。

 これはiOS 14/iPadOS 14のアクセシビリティに追加された「ヘッドフォン調整 (Headphone Accommodations)」機能によるもので、Appleが詳細なサウンドデータを持っているApple/Betas製の有線/無線イヤホンやヘッドフォン(*以下)で、ユーザーが聞き取りやすいカスタムオーディオを作ることができます。

iPadOS 14とAirPods Proのヘッドフォン調整

スポンサーリンク

ヘッドフォン調整

 ヘッドフォン調整を利用してカスタムオーディオを作成するには、iOS 14/iPadOS 14の設定アプリから[アクセシビリティ] → [オーディオ/ビジュアル]でヘッドフォン調整をONにして、[カスタムオーディオ設定]をタップ。

iOS 14でオーディオ調整

 後は、ヘッドフォン・オーディオのカスタマイズの手順通りに進んでいくだけですが、特に周辺サウンドを取り込む機能があるAirPods Proを利用している場合は静かな場所で設定しないと逆に聞き取りにくくなる可能性があり、設定項目は複数ありますが、電話、ムービーとミュージック、オージオグラム、外部音取り込みモードのカスタマイズが可能です。

iOS 14のオーディオ調整

 最近ではSoundcore(Anker)の完全ワイヤレス・イヤホンの上位モデルでも、Soundcoreアプリで特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定し、ユーザーだけのHearIDやHearing Profileを作成できる機能が搭載されていますが、iOS 14/iPadOS 14の場合はシステムレベルで対応するため通話やメディア再生時にも適用されるので、ヘッドフォン調整をサポートしたヘッドフォンをお持ちの方は試してみてください。

ヘッドフォン調整をサポートしたヘッドフォン

  • Apple EarPods with Lightning Connector
  • Apple EarPods with 3.5 mm Headphone Plug
  • AirPods (第2世代)
  • AirPods Pro
  • Powerbeats
  • Powerbeats Pro
  • Beats Solo Pro