iOS 14/iPadOS 14ではWi-Fiごとにランダム化されたMACアドレスを割り当てる「プライベート Wi-Fiアドレス」が導入され、ネットワークによってはインターネットにアクセスできなくなるので注意を。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14ではWi-Fiごとにランダム化されたMACアドレスが割り当てられる「プライベート Wi-Fiアドレス」が導入され、ネットワークによってはインターネットにアクセスできなくなるので注意してください。詳細は以下から。

iOS 14のロゴ

 Appleは現地時間2020年09月16日、iPhoneやiPad向けにiOS 14/iPadOS 14をリリースしましたが、このiOS 14/iPadOS 14、watchOS 7ではランダム化されたMAC(Media Access Control)アドレスをネットワークごとに割り当てる「プライベート Wi-Fiアドレス」機能が導入されています。

MACアドレスフィルタリング

こうしたプライバシーのリスクを軽減するため、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 では、各 Wi-Fi ネットワークで違う MAC アドレスを使います。この一意の静的な MAC アドレスは、デバイスがそのネットワークに限って使うプライベートな Wi-Fi アドレスとなります。

iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 でプライベート Wi-Fi アドレスを使う – Apple サポート

 この機能はWWDC20で発表され、iOS 14/iPadOS 14へアップデートしたiPhone/iPadでは設定アプリの[Wi-Fi] → [ネットワーク名]の「プライベートアドレス」という項目が追加されており、そのWi-Fiネットワークにのみに利用されるMACアドレスが表示されています。

プライベート Wi-Fi アドレス

 Appleはこの機能を利用することでネットワーク事業者や観測者からの追跡リスクを軽減できるとコメントし、ほとんどのWi-Fiネットワークでは影響しないとコメントしながらも、大学や企業など組織のネットワークによっては、MACアドレスでフィルタリングを行っているところもあるため、

iOS 14 private Wi-Fi addresses

OSのアップグレード後にネットワークに接続できなくなった場合は以下の方法でプライベートアドレス機能をOFFにして欲しいとBetaリリース時から注意を呼びかけていたので、ネットワークに接続できなくなった方は以下の方法を試すか、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

iPhoneやiPad、iPod touchで

iOS 14でプライベート Wi-Fi アドレスをOFFにする

  1. 設定アプリで[Wi-Fi]をタップ。
  2. [Wi-Fi] ネットワークの横にある情報ボタン(i)をタップ。
  3. 「プライベートアドレス」をタップしてOFFにする。
この機能はネットワークごとに設定できます。

Apple Watch

watchOS 7 Use Private Address

  1. 設定アプリで[Wi-Fi]をタップ。
  2. 接続しているネットワーク名をタップ、またはネットワークに接続していない場合は、ネットワーク名を左にスワイプ。
  3. 「プライベートアドレス」をタップ。

コメント

  1. 匿名 より:

    だからこういうのを勝手に導入して勝手にデフォルトでONにするなって

  2. 匿名 より:

    ありがたい

  3. 匿名 より:

    Androidとか他OSでもデフォでONだよ

  4. 匿名 より:

    常に平文で流れるMACアドレスでフィルタリングなんて無意味だからね当然だね

  5. 匿名 より:

    急にDLNAにアクセスできなくなったから何事かと思った (MACアドレスで制限してた)