iOS 14/iPadOS 14ではアプリの一部機能だけコンパクトにして素早く提供できる「App Clip」が利用可能に。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14ではアプリの一部機能だけコンパクトにして素早く提供できる「App Clip」が利用可能になっています。詳細は以下から。

App Clip

 Appleは2020年06月にオンラインで開催したWWDC20で、アプリの新しい提供方法「App Clip」を紹介しました。App Clipは開発者やショップがアプリの一部機能だけをコンパクトにして素早く提供できる機能で、App Storeを開かずにWebやメッセージ、QRコード、NFCタグなどを利用してホーム画面に表示されるカードからインストールできるので、

App Clipの紹介

スピード重視のアプリの配布方法ですが、iPhoneやiPad向けに新たにリリースされたiOS 14/iPadOS 14では、このApp Clipの一部機能が利用できるようになっています。

iOS 14のApp Clipを使ったClipの入手

App Clipカードにはフル機能を持ったアプリへのリンクも付いているので、ユーザーが様々な場所からApp Storeのアプリを見つけやすくなっています。

 初期リリースのiOS 14/iPadOS 14ではWebやメッセージ、QRコード、NFCタグでApp Clipを入手することが可能(App Clipコードは非対応)で、例えばコントロールセンターのQRコードリーダーを利用してApp Clipカードを表示、[開く]や[プレイ]ボタンでApp Clipを軌道することができます。

iOS 14のApp Clipを入手

 App Clipはアプリのようにホーム画面には表示されませんが、最近使ったApp ClipはSiri検索やAppライブラリの「最近追加した項目」カテゴリに表示され再び利用することが可能で、設定アプリの[一般] → [iPhoneストレージ]にストレージ使用量やアプリの削除が表示されますが、Appleは今後、設定アプリ内にApp Clipを一括管理できる機能をつけるそうなので、フル機能はiOS 14.2(?)ぐらいから利用できそうです。

App Clipの管理方法

スポンサーリンク

おまけ

 AppleはWWDC20でApp Clipを提供するための独自コード「App Clipコード」も発表していましたが、このApp Clipコードをスキャンするためのカメラ機能は年内のiOS 14ソフトウェア・アップデートで提供されるそうです。

App Clipコード

App Clipコードをスキャンするためのカメラの機能は、iOS 14ソフトウェアアップデートで年内に利用できるようになります。

iOS 14 – Apple(日本)

 また、上記のApp ClipChibiStudioは、非公式WWDC for macOSアプリなどを開発しているGuilherme Ramboさんが開発したアバターアプリで、以下のQRコードをiOS 14のカメラでスキャンしてApp Clipを入手できるので、iOS 14へアップグレードされた方は試してみてください。

iOS 13.xのカメラでQRコードをスキャンするとApp Storeが開きます。