IBM、オープンソース化されたプログラミング言語Swiftをサーバー上で実行できるインタラクティブなテスト環境「IBM Swift Sandbox」のBeta版を公開。

スポンサーリンク

 IBMが昨日オープンソース化されたプログラミング言語Swiftをサーバー上でテストできる「IBM Swift Sandbox (Beta)」を公開しています。詳細は以下から。



 従業員に支給するPCをMacBookへ変更する「Mac@IBM」プロジェクト[1, 2, 3]を行っているIBMが、新たにIBMのサーバー事業でSwiftをどのように活用しているかを紹介する「Swift@IBM」プロジェクトを立ち上げ、その一環としてサーバー上でSwiftを実行できるテスト用Snadbox(Playground)「IBM Swift Sandbox」のBeta版を公開しています。

The IBM Swift Sandbox is an interactive website that lets you write Swift code and execute it in a server environment – on top of Linux! Each sandbox runs on IBM Cloud in a Docker container. In addition, both the latest versions of Swift and its standard library are available for you to use.

Introducing the IBM Swift Sandbox – Swift

 IBMのSwift@IBMブログによると「IBM Swift Sandbox」はIBM CloudのDocker上に構築されており、ユーザーは常に最新のSwiftとライブラリをインタラクティブに利用出来るそうです。使い方はIBM Swift Sandboxにアクセスし「SOURCE CODE」ウィンドウにSwiftコードを入力、後は[RUN]ボタンを押すだけで実行結果が「RESULTS」ウィンドウに表示されます。

IBM-Swift-Sandbox-Beta-Sample

 IBM Swift Sandboxは現在Beta版で、左上にはいくつかのサンプルのソースコードも用意されているので、興味のある方は利用してみてください。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    XcodeのPlayground みたいなものかな