Apple、プログラミング言語「Swift」をオープン・ソース化しGitHubで公開。専用のコミュニティーサイト「Swift .org」も。

スポンサーリンク

 AppleがGitHubにてプログラミング言語「Swift」をオープン・ソースで公開しています。詳細は以下から。


Swift-Hero


 Appleは今年6月のWWDC 2015でアナウンスした通り(動画の1時間09分 辺り)、プログラミング言語「Swift」をGitHubにてオープン・ソース(Apache License)として公開し、Swiftに関係したドキュメントやソースコードなどをまとめたコミュニティーサイト「Swift.org」を新たに立ち上げたとSwift Blogで発表しています。



Swift is now open source!

We are excited by this new chapter in the story of Swift. After Apple unveiled the Swift programming language, it quickly became one of the fastest growing languages in history. Swift makes it easy to write software that is incredibly fast and safe by design. Now that Swift is open source, you can help make the best general purpose programming language available everywhere.

Welcome to Swift.org – Swift.org

 Swiftの開発ログも全て公開(*1)されているようで、GitHubのリポジトリではLLVMやSwiftの生みの親で、現在もAppleのプロジェクトディレクターとして働いているChris Lattner(Twitter)氏のコントリビュートを2010年07月から見ることが出来ます。


Swift-Contributors-GitHub

 *1 : Chris Lattner氏はSwiftをAppleのプロジェクトとして2010年07月から限られた数人の開発者だけで始めたと自身のサイトで語っているため。(maclalala2様が翻訳してくれているので、興味のある方はこちらをどうぞ)

I started work on the Swift Programming Language (wikipedia) in July of 2010. I implemented much of the basic language structure, with only a few people knowing of its existence. A few other (amazing) people started contributing in earnest late in 2011, and it became a major focus for the Apple Developer Tools group in July 2013.

Chris Lattner’s Homepage

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    俺もSwiftで何か作ってみるかなぁ。

  2. Apple7743 より:

    仕事で使い始めた。
    Objective-Cと似通ってるけど全然違うw
    こっちの方が効率的にコードを書ける。

  3. Apple7743 より:

    Linuxでも動くらしい。CUIだけだと思うけどLXCに入れて遊んでみるかな。

  4. Apple7743 より:

    初心者向けにドキュメントの邦訳もオナシャス