OS X 10.11 El Capitanでは「iCloud Drive」のアップロード・インジケータがFinderに表示可能に。

スポンサーリンク

 OS X 10.11 El Capitanでは「iCloud Drive」のアップロード・インジケータがFinderに表示可能になっています。詳細は以下から。


OS-X-10-11-El-Capitan-Hero


 AppleはiPhone 6sのリリースに合わせてiCloud Driveの有料プランをアップデートし[1, 2]、より低価格で大容量のクラウド・ストレージが利用できるようになり、iOS 9ではiCloud Driveアプリが追加されWebフォームに写真以外のファイルをアップロードできるようになったり、メールの添付ファイルをiCloud Driveへ保存できるようになりましたが、


iOS8-vs-iOS9-Safari9-Upload

 OS X 10.11 El CapitanではiCloud Driveへファイルをアップロードする際のインジケータがFinderに表示されるようになったようです。




 以前(Yosemiteの)のiCloud Driveは「同期中」という表示しかされず、その間にファイルを移動するとユーザーに警告無く一時ファイルだけを残してファイルが削除されてしまう不具合も発見されたため、Appleはこの対策の一環としてこの機能を追加したように思われます。


iCloud-Drive-upload-indicator-on-El-Cpitan

Mac年賀状2016
マイナビ出版

コメント

  1. Apple7743 より:

    前はインジケータなかったんだっけ。自然に受け入れてたわ。

  2. Apple7743 より:

    いつ同期されてるのかよくわからんかったからありがたい