iOS 9搭載のSafari 9では、iCloud Driveから写真以外のファイルのアップロードが可能に。Dropboxなどのサードパーティ製アプリも徐々に対応中。

スポンサーリンク

 iOS 9搭載のSafari 9では、iCloud DriveやDropboxなどのサードパーティ製アプリからファイルをアップロードすることが可能になっています。詳細は以下から。


iOS9-Release-Hero


 iOS 8に搭載されているSafari 8ではファイルアップロード(input type=”file”)フォームでアップロードできるファイルは「フォトライブラリ」にある画像ファイルだけでしたが、iOS 9に搭載されているSafari 9からは全てのファイルを取り扱うことが可能になっています。


iOS8-vs-iOS9-Safari9-Upload

 デフォルトではファイルはカメラ、フォトライブラリおよびiCloud Driveとなっていますが、Appleはサードパーティ製アプリにもこの機能拡張を開放しているので、既にDropboxやGoogle Drive, Box, OneDrive, Documents, Instashareなどのアプリが対応しています。


iOS9-Safari9-Upload3

 また、AppleはiOS 9のリリースに合わせてiCloud Driveの有料プランをアップグレード[1, 2]しているので、iCloudユーザーの方はiCloud Driveの使い方がさらに広がると思います。

iCloud ストレージ 旧プラン(月額) 新プラン(月額) Dropbox(月額)
5GB 無料 無料 無料(2GB)
20GB 0.99ドル
(100円)
- -
50GB - 0.99ドル
130円
-
200GB 3.99ドル
(400円)
2.99ドル
400円
-
500GB 9.99ドル
(1200円)
- -
1TB 19.99ドル
(2400円)
9.99ドル
1300円
9.99ドル
(1200円)


関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    格段にPCに近づいた&利便性が上がったな