MacPorts、OS X 10.11 El Capitanに対応したパッケージ管理システム「MacPort v 2.3.4」を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 MacPortsがOS X 10.11 El Capitanに対応したMacPort v 2.3.4をリリースしています。詳細は以下から。


MacPorts-Installer-Hero-support-El-Capitan


 2002年から開発が始まり、DarwinPortsからMacPortsへ名前を変え今もなお開発が続けられているOS X用パッケージ管理システムMacProtsがOS X 10.11 El Capitanに対応した MacPorts 2.3.4を公開しており、既にMacPortsをインストールしている方は”sudo port selfupdate”でアップデートすることが可能です。


 MacPortsは”/opt/local”を利用しているためHomebrewの”/usr/local”同様 新規インストールの場合はrootlessの影響は受けませんが、何らかの理由でユーザー権限になってしまっている方はオーナーを変更(sudo chown -R $(whoami):admin /opt/local)をする必要があります。

The MacPorts Project is pleased to announce the release of version 2.3.4. This is a bugfix release with small changes only. See the ChangeLog [1] for the list of changes.

If you already have MacPorts installed, the preferred method for
updating is to run:

sudo port selfupdate

For new installs, there are also package installers available for 10.11, 10.10, 10.9, 10.8, 10.7, 10.6, and 10.5 (10.6 is universal i386/x86_64; 10.5 is i386/ppc) at [2]. The source is also available as tarballs compressed with gzip or bzip2, or from the subversion tag [3].

[[MacPorts-announce] MacPorts 2.3.4 has been released – MacPorts]

関連リンク: