Adobe、OS X El Capitanを正式にサポートした「Premiere Pro CC 2015.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AdobeがOS X El Capitanを正式にサポートした「Premiere Pro CC 2015.1」をリリースしています。詳細は以下から。


Adobe-Premiere-Pro-CC-Hero


 AdobeはEl Capitanアップデート後、Adobe Premiere Pro CCの映像が乱れるまたはアプリがクラッシュするといった不具合が報告されているとして、公式ブログでPremiere ProユーザーにEl Capitanへのアップデートを控えるように通知していましたが、


Adobe-Premiere-Pro-issues-on-El-Capitan

Everything seems to be working fine, except for Premiere. When video is STOPPED it has horrible video glitching. Now, when the video is playing, it looks just fine… and it also renders out OK. It’s just when it’s sitting on the timeline.

[Heads up on Premiere with El Capitan – Adobe Community]

 現地時間の11月30日にリリースされた「Premiere Pro CC 2015.1」では公式にEl Capitanがサポートされた他、AppleのTrackpadでのジェスチャ、DNxHR, HEVC(H265)およびOpenEXRが新たにサポートされ、GPU支援などの不具合が修正されているそうです(詳細 [1, 2])。


Premiere_Pro_CC_2015-1-Whats-New

The 2015.1 release of Premiere Pro CC contains all of the amazing new features we previewed at IBC in September, including new ways to edit with powerful touch and gestural support, enhanced support for UltraHD/4K+ workflows, initial support for High Dynamic Range (HDR) technology, amazing new Optical flow time remapping, and the ability to search Adobe Stock directly from the Libraries panel. Adobe Stock now also introduces an extensive catalog of over one million royalty-free video clips, which can be previewed and downloaded directly in Premiere Pro. This release also brings official support for OS X El Capitan.

Premiere Pro CC 2015.1 | Premiere Pro work area

 AdobeのCommunityでは既にアップデートしたユーザーが正常に動作していることを報告しているので、Premirer Proユーザーの方はアップデートしてみてください。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    どこがProなんだか

  2. Apple7743 より:

    Final Cut ProXよりは、全然Proです。