エディタの環境設定をiCloudで同期できるようになったMac用テキストエディタ「mi v3.7b1」が公開。

スポンサーリンク

 エディタの環境設定をiCloudで同期できるようになったMac用テキストエディタ「mi v3.7b1」が公開されています。詳細は以下から。

日本語テキストエディタ「mi」のアイコン

 miエディタはDaisuke Kamiyamaさんが1996年頃にミミカキエディットとしてリリースした日本語(縦書き)対応のエディタアプリですが、このmiエディタがiCloudに環境設定データを保存し、同期できる機能を「mi v3.7」で追加するそうです。

mi v3.7 Beta 1

環境設定データを、同じiCloudアカウントでログインしているMac間で共有できるようになりました。環境設定の「一般」タブの「iCloudに環境設定データを保存する」をONにすると、有効になります。

リリースノートより抜粋

 miエディタにはmi v3.5で、モード設定データをiCloud経由で複数のMacと共有できるiCloudモード設定機能が追加されていますが、新たに公開されたmi v3.7b1では、エディタの環境設定データを同じiCloudアカウントでログインしているMac間で共有できる機能が追加されており、

iCloudに環境設定データを保存する

iCloudを有効にして、環境設定の[一般] → [✅ iCloudに環境設定データを保存する]をONにすると、複数のMac間でmiの環境設定データが同期できるようになるので、興味のある方はBetaチャンネルをチェックしてみてください。

mi v3.7b1のリリースノート

バージョン3.6.3からの主な変更点は下記のとおりです。

  • 環境設定データを、同じiCloudアカウントでログインしているMac間で共有できるようになりました。
    環境設定の「一般」タブの「iCloudに環境設定データを保存する」をONにすると、有効になります。
  • モード設定に、代替フォント設定を追加しました。
    英文フォント使用時の、日本語部分のフォントを指定することが可能になりました。
  • メインウインドウについて、Accessibility APIに対応しました。
  • その他、shモード追加、各種機能改善、不具合修正等。