iCloudを利用し複数のMac間でエディタの環境設定が同期できるようになったテキストエディタ「mi v3.7」がリリース。

スポンサーリンク

 エディタの環境設定をiCloudで同期できるようになったMac用テキストエディタ「mi v3.7」がリリースされています。詳細は以下から。

日本語テキストエディタ「mi」のアイコン

 miエディタを開発しているDaisuke Kamiyamaさんは日本時間2022年11月05日、1996年からミミカキエディットとして開発を続けている日本語(縦書き)対応のエディタアプリ「mi」の最新バージョンとなる「mi v3.7」をリリースし、iCloudを利用し複数のMac間でエディタの環境設定データが同期できるようになたと発表しています。

mi v3.7

環境設定データを、同じiCloudアカウントでログインしているMac間で共有できるようになりました。環境設定の「一般」タブの「iCloudに環境設定データを保存する」をONにすると、有効になります。

リリースノートより

 mi v3.7では、miの環境設定から[一般] → [iCloud]に新たに追加された「iCloudに環境設定データを保存する」をONにすることで、同じiCloudアカウントでログインしているMac間で環境設定データを同期できるようになっているので、複数のMacで同じ環境設定のエディタを使いたい方はチェックしてみてください。

miのiCloudに環境設定データを保存する

スポンサーリンク

リリースノート

  • 環境設定データを、同じiCloudアカウントでログインしているMac間で共有できるようになりました。
    環境設定の「一般」タブの「iCloudに環境設定データを保存する」をONにすると、有効になります。
  • モード設定に、代替フォント設定を追加しました。
    英文フォント使用時の、日本語部分のフォントを指定することが可能になりました。
  • メインウインドウについて、Accessibility APIに対応しました。
    アクセシビリティの「選択項目を読み上げる」機能(option+esc)での、読み上げ位置のハイライトにも対応しています。
  • リモートファイル機能にブックマーク等の機能を追加しました。
  • JavaScriptツールにprompt()関数追加等の機能追加、不具合修正を行いました。
  • その他、shモード追加、各種機能改善、不具合修正等。