macOS 12.3 MontereyへアップデートしたMacで、DisplayPort 1.4設定のディスプレイが表示されない不具合。

スポンサーリンク

 macOS 12.3 MontereyへアップデートしたMac miniやMacBookなどで、DisplayPort 1.4設定のディスプレイが表示されない不具合が確認されています。詳細は以下から。

macOS 12 Monterey logo icon

 Appleが現地時間2022年03月14日にリリースしたmacOS 12.3 Monterey (21E230)」は、Pythonの削除File Providerフレームワークの採用など、macOSのメジャーアップグレード並みのアップデートが行われたためか、アップデート中にMacが起動しなくなったり、Thunderbolt Dockゲームコントローラーが動作しないといった不具合が報告されていますが、

macOS 12.3 (21E230)

Apple Communityなどによると、同じくmacOS 12.3 MontereyへアップデートされたMac miniやMacBook Air/Proなで、外部ディスプレイが表示されない不具合が確認されているそうです。MacRumorsでは、この不具合が発生した場合、USB-CやHDMIポートからディスプレイに接続されたケーブルを抜き差しすることで問題が解決する場合があるとコメントしていますが、

この不具合自体はmacOS 12.3 Monterey Betaから発生しており、Developer ForumsRedditによると、この不具合がmacOSがDisplayPortプロトコルを認識しない事が原因のようで、この問題の発生した場合は、ディスプレイ側の設定からDisplayPortプロトコルの設定でDisplayPort 1.2へ切り替えることで解決するそうなので、問題に遭われた方は試してみてください。

DisplayPortプロトコルの切り替え設定がないディスプレイは、Appleのアップデートを待つしか無いようです。