Macのデスクトップ上に時計とCPUやメモリ使用率などのシステム情報を表示してくれる「iPulse」がmacOS 10.15 Catalinaに最適化され、ディスク容量の低下警告機能を追加。

スポンサーリンク

 Macのデスクトップ上に時計とCPUやメモリ使用率などのシステム情報を表示してくれる「iPulse」がmacOS 10.15 Catalinaに最適化され、ディスク容量の低下警告機能を追加しています。詳細は以下から。


 iPulseはTwitterrificやLineaなどを開発&販売している米The IconfactoryのCraig Hockenberryさんが2002年から開発&販売を続けているMac向けのシステム/アクティビティモニターアプリで、Macのデスクトップ上にグラフィカルな時計とともにCPUやメモリ、ディスク、ネットワーク情報を表示してくれる機能がありますが、このiPulseが約1年ぶりのv3.0.5アップデートでmacOS 10.15 Catalinaに対応したそうです。

Thousands of customers have been using iPulse to keep an eye on their Mac’s performance since it was introduced back in 2002. Now, the first app to display system status is optimized for Catalina!

iPulse • Keep an eye on your Mac – Iconfactory

 iPulse v3.0.5ではmacOS 10.15 Catalinaでシステムとユーザーデータ領域に分かれたパーティションレイアウトに対応したほか、ディスクの空き容量が10GBを下回ると警告を出す機能が追加されたそうです。

iPulse • Keep an eye on your Mac

 iPulseのシステム要件はOS X 10.11 El Capitan以上で価格は1,220円ですが、過去に何回か無料セールを行なっていたので、購入された方はチェックしてみてください。