Zoom、Apple IDでのサインインやアバター機能をサポートした「Zoom for Mac v5.10」をリリース。

スポンサーリンク

 ZoomがApple IDでのサインインやアバター機能をサポートした「Zoom for Mac v5.10」をリリースしています。詳細は以下から。

Zoomのアイコン

 Zoom Video Communications, Incは現地時間2022年03月21日、同社のWebビデオ会議アプリサービス用クライアント「Zoom for Mac v5.10.0」をリリースし、新たにApple IDでのサインインをサポートしたと発表しています。

Zoom for Mac v5.10 update sign in with their Apple ID

Support for Apple authentication
Users will be able to sign in with their Apple ID on the Zoom desktop client and mobile apps.

リリースノートより

 Zoom for Mac v5.10.0では、Apple IDを利用してZoomにサインインし、ミーティングに参加できるようになったほか、Betaテスト中の機能として、FaceTimeカメラなどのWebカメラで映しているユーザーの顔を認識し、ユーザーの表情に合わせて顔が変わる猫や牛、犬、狐、兎といった動物に変換してくれるアバター機能が追加されています。

Zoom for Mac Avatar

アバター機能はZoom v5.10.0以上で利用可能。

 この他、Zoom for Mac v5.10.0では、Twitchへ直接ライブストリーミング配信ができるようになるなど、30を超える新機能/強化、不具合修正が行われているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。