Apple、M1 Pro/MaxチップとProMotionディスプレイを搭載し、HDMIやSDXC、MagSafeなど2016年に廃止した全てのポートを復活させた「MacBook Pro (14/16インチ)」を発表。

スポンサーリンク

 AppleがM1 Pro/Maxチップと最大リフレッシュレート120HzのProMotion対応ディスプレイを搭載し、HDMI、SDXCカードリーダー、MagSafe充電ポートを復活させたMacBook Pro (14-/16-インチ)を発表しています。詳細は以下から。

MacBook Pro (16インチ, 2021)

 Appleは現地時間2021年10月18日、オンラインで開催したスペシャルイベント「Unleashed. (パワー全開。)」の中で、昨年11月に発表したApple Silicon「Apple M1チップ」と同じ5nmプロセスでハイエンドMac向けに作成されたApple SiliconM1 Max/M1 Proを発表するとともに、

Apple Silicon M1シリーズ

そのApple M1 Pro/Maxチップと最大リフレッシュレート120HzのProMotionテクノロジーに対応した新しいLiquid Retina XDRディスプレイを搭載し、パワーから映像出力、I/O拡張まで全てThunderbolt 3ポートでまかなえるとして発表されたMacBook Pro (2016)以降のMacBook Pro/Airとは異なり、

2016年10月のスペシャルイベントより

3つのThunderbolt 4ポートに加えMagSafe 3充電ポートやHDMI、SDXCカードリーダーを復活させた「MacBook Pro (14/16インチ, 2021)」モデルを日本時間10月26日より発売すると発表しました。

MacBook Pro 14/16インチ

スポンサーリンク

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のスペック

プロセッサ

 元IntelやIBMのR&Dセンターでマネージャーを努め、現在はApple Siliconを含めたハードウェアSVPのJohny Sroujiさんによると、プロユーザー向けのMacBook Pro (14/16インチ, 2021)のために開発した「Apple M1 Pro/Max」チップは、昨年発表したM1チップより最大70%高速な10コアCPUと最大2倍高速な16コアGPUを搭載。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のM1 Pro/Maxチップ

比較

Apple
M1 Max
Apple
M1 Pro
Apple
M1
ロゴ Apple Silicon M1 Maxのアイコン Apple Silicon M1 Proのアイコン Apple M1
CPU 最大10-Core
最大8つの高性能コアと2つの高効率コア
8-Core
4つの高性能コアと4つの高効率コア
GPU 最大32-Core 最大16-Core 最大8-Core
メモリ 最大64GB 最大32GB 最大16GB
メモリ帯域 400GB/s 200GB/s 66GB/s
Neural Engine 16-Core
トランジスタ数 570億 337億 160億
外部ディスプレイ 最大4枚 最大2枚 最大1枚
I/O Thunderbolt 4 Thunderbolt/USB 4

キーボード

 MacBook Pro (14/16インチ, 2021)の詳細の中でプロセッサの次に紹介されたのが今年05月に発表された新しいMagic Keyboardをベースに再開発されたキーボードで、新しいキーボードは指紋センサーであるTouch IDはそのままに、Touch BarをMagic Keyboardと同じフルハイトの物理的な12個のFnキーに変更。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のキーボード

 MacBook Pro (Late 2016)モデルからProモデルに採用されてきたタッチ操作が可能なOLEDディスプレイ「Touch Bar」は廃止され、Fnキーはプロユーザーが好むメカニカルキーボードに戻され、矢印キーも4つの矢印キー(逆T字型配列)で環境光センサーをサポートしたバックライトを内蔵し、キーボードは2重に酸化皮膜処理されたブラック仕上げ。

MacBook Pro (2021)のMagic Keyboard

I/Oポート

 また、I/Oポート類もThunderbolt 3ポートのみとなってしまっていたMacBook Pro (Late 2016)以降のMacBook Proとは異なり、向かって右側には最大4K@60Hz出力が可能なHDMIポートとThunderbolt 4、そしてSDXCカードリーダーを搭載。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)の右ポート

 次いで左側にはヘッドホンジャックにThunderbolt 4ポートが2つ、そして充電ケーブルに足が引っかかりMacBookが机の上から落ちそうになるのを防いでくれるマグネット接続の充電ポート「MagSafe」が新たに高速充電に対応し「MagSafe 3」として復活しています。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)

 ちなみに、このMagSafe 3は「USB-C – MagSafe 3ケーブル」で提供され、AppleのUSB-C充電器に接続する形で、旧MagSafe 2のようにケーブルと充電器が一体化されておらず、これまで通りThunderbolt(USB-C)ポートからPower Deliveryでの充電にも対応するそうです。

USB-C - MagSafe 3ケーブル

外部ディスプレイ

 Apple M1チップ搭載のMacで1つの問題となっていた外部ディスプレイの接続枚数は、Apple M1 Pro/Maxチップで大きく改善しており、M1 Proチップ搭載のMacBook Pro (14/16インチ, 2021)では6K解像度/リフレッシュレート60Hz表示のApple Pro Display XDRを2台、

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)の外部ディスプレイ

M1 Maxチップ搭載のMacBook Pro (14/16インチ, 2021)では最大3台のApple Pro Display XDRと+1台の4K@60Hzディスプレイの合計4ディスプレイを接続することが可能になっています。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)の外部ディスプレイ

MacBook ProのProMotionディスプレイ

 また、MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のBuild-Inディスプレイは横幅/縦幅ともに3.5mmまで縮小され、1080p対応のFaceTime HDカメラ周りはFace IDのようなノッチ構造を採用。

1080p FaceTime HDカメラ

 また、FaceTime HDカメラを囲むようにディスプレイを配置することで、FaceTime HDカメラの下をmacOSのメニューバー領域としてコンテンツを表示できるスペースを増やしており、

 MacBook Pro (16インチ, 2021)モデルは前Intel MacBook Pro (16インチ, 2019)とほぼ同じ筐体サイズながら、対角16.2インチで解像度3,456 x 2,234ピクセル(254ppi)、14インチモデルは対角14.2インチで解像度3,024 x 1,964ピクセル(254ppi)のLiquid Retina XDRディスプレイを採用。

MacBook Pro (14/16インチ, 2021)のLiquid Retina XDRディスプレイ

 そして、このディスプレイはProMotionテクノロジーにより最大120Hzの可変フレッシュレートで動作し、ユーザーは場合により47.95Hz、48.00Hz、50.00Hz、59.94Hz、60.00Hzの固定リフレッシュレートを選択することが可能になっています。

FaceTimeカメラ/スピーカー

 また、FaceTimeカメラはApple M1チップ搭載のiMacと同じ1080p FaceTime HDカメラを採用し、解像度が旧モデルの2倍の1080pでf値が2.0。

 スピーカーは6スピーカーサウンドシステムで空間オーディオにも対応し、マイクは高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイを搭載。

メモリとSSD

 メモリは上位モデルのApple M1 Maxチップで最大64GBのUnified Memoryを搭載しているためGPUパフォーマンスが大幅に引き上げられ、SSDは前世代と比較して2倍以上の7.4GB/sに。

バッテリー駆動時間

 バッテリー駆動時間はApple Siliconを採用したことで、14インチモデルが前モデルより7時間長い17時間のビデオ再生に、16インチモデルが前モデルより10時間長い21時間のビデオ再生に対応し、

ワイヤレスインターネットでは14インチが11時間、16インチが14時間のネットサーフィンが可能。

MacBookとしては初めて高速充電に対応し、iPhoneシリーズの高速充電と同じく30分の充電でバッテリー充電率の50%まで充電することが可能。

価格

 価格はMacBook Pro (14インチ, 2021)のApple M1 Proチップ 8コアCPU/16コアGPU搭載のベースモデルが税込み239,800円、M1 Proチップ 10コアCPU/16コアGPU搭載の上位モデルが299,800円、MacBook Pro (16インチ, 2021)モデルがストレージ容量により299,800円と321,800円のベースモデルがあり、最上位モデルとなるApple M1 Max 10コアCPU/32コアGPUモデルは419,800円となっているので、購入を検討されている方は比較してみてください。

チップとメモリ、ストレージはCTOが可能です。

コメント

  1. 匿名 より:

    ほぼ1ドル120円換算じゃん…頼むから円高になってくれ…。
    1ドル80円前後だった頃は本当に買いやすかったのに…。