Apple、Apple Silicon Mac対応の「Touch ID搭載Magic Keyboard」の単体販売を開始。

スポンサーリンク

 AppleがApple Silicon Macで利用可能なTouch ID搭載のMagic Keyboardの単体販売を開始しています。詳細は以下から。

Magic Keyboard

 Appleは2021年05月、Apple M1チップや4.5K Retinaディスプレイを搭載したiMac (24-inch, M1, 2021)の販売を開始しましたが、このiMacに同梱されているTouch ID搭載のMagic Keyboard/テンキー付きの単体販売が新たに開始されています。

Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard - 日本語(JIS)

Magic KeyboardにTouch IDが登場。すばやく簡単に認証できるので、ログインや支払いも安全です。
とても快適かつ正確にタイピングできるTouch ID搭載Magic Keyboard。ワイヤレスで、充電式の内蔵バッテリーは驚くほど長持ち。1回の充電で約1か月も使えます¹。あなたのMacと自動的にペアリングされるので、すぐに作業に取りかかれます。編み込み式のUSB-C – Lightningケーブルも付属しているため、MacのUSB-Cポートに接続してペアリングと充電を完了できます。

製品仕様より

 Touch ID搭載Magic KeyboardはApple Siliconを搭載したMac mini (M1, 2020)やMacBook Air/Pro (M1, 2020)、iMac (24-inch, M1, 2021)で利用可能で、初めて利用する際にはLightning to USB-Cケーブルで各Macと接続し、Touch IDのセットアップが必要になります。

Touch ID付きMagic KeyboardをMac mini (M1, 2020)で使うのに必要なもの

 新たに発売が開始されたMagic Keyboardシリーズは以下の通り。

スポンサーリンク

Magic Keyboard

 新しいMagic Keyboard (MK2A3BX/A)は2015年に発売されたリチウムイオンバッテリーを内蔵したMagic Keyboard (MLA22LL/A)」に置き換わるもので、サイズやキー配列にはほぼ変更はありませんが、四隅のデザインが変更されたほか、マルチメディアキー(F4~F6)やキートップの刻印がアップデートされています。

Magic KeyboardMagic Keyboard

 また、新しいMagic Keyboardは日本語配列の他に英語(UK)と中国語(拼音)、中国語(注音)、韓国語、スペイン語、英語(US)が日本から購入可能で、サイズや重さはほぼ前モデルと同じですが、マルチメディアキーのアップデートのためかシステム条件が最新のmacOS/iPadOS/iOSに変更されており、価格は税込み10,800円となっています。

Magic Keyboard (2021) Magic Keyboard (2015)
外見 Magic Keyboard Magic Keyboard
モデル MK2A3BX/A MLA22LL/A
サイズ 高さ:0.41~1.09 cm
幅:27.89 cm
奥行き:11.49 cm
高さ:0.41〜1.09 cm
幅:27.9 cm
奥行き:11.49 cm
重さ 約0.239 kg 約0.231kg
接続方式 Bluetooth
Lightningポート
システム条件 macOS 11.3以降を搭載したMac
iPadOS 14.5以降を搭載したiPad
iOS 14.5以降を搭載したiPhoneとiPod touch
OS X 10.11以降を搭載したBluetooth対応Macコンピュータ
iOS 9.1以降を搭載したiOSデバイス
価格 10,800円

Touch ID搭載Magic Keyboard

 全く新しい「Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard (MK293J/A)」は、名前の通りApple Silicon Macで利用可能なTouch IDを搭載したMagic Keyboardで、サイズは高さ:0.41~1.09 cm, 幅:27.89 cm, 奥行き:11.49 cm、重さ0.243 kgでTouch ID非搭載モデルとほぼ変わりませんが、

Magic Keyboard with Touch ID for Mac models with Apple silicon

システム要件がAppleシリコンとmacOS 11.4以降を搭載したMacとなっており、上部にはLightningポートと電源スイッチが用意され、カラーはシルバーのみで編み込み式のUSB-C – Lightningケーブルが付属し、価格は税込み15,800円となっています。

編み込み式のUSB-C - Lightningケーブル

Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)

 Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)はテンキー付きのTouch ID搭載Magic Keyboardモデルで、システム要件は上記と同じくAppleシリコンとmacOS 11.4以降を搭載したMacで、サイズは高さ:0.41~1.09 cm, 幅:41.87 cm, 奥行き:11.49 cm、重さ0.369 kgで価格は税込み18,800円。

Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

配列はTouch ID搭載Magic Keyboardとほぼ同じですが、矢印キーと地球儀キーなど一部配置が異なっています。

おまけ

 また、スペシャルイベントでも話されていたとおり、Touch ID搭載のMagic Keyboardで登録したユーザーの生体情報(指紋)はMagic Keyboardではなく、Apple M1チップのSecure Enclaveに保存され、Magic KeyboardとApple Silicon Macの間の生体情報はEnd to Endで暗号化されているため、Touch ID付きMagic Keyboardが盗まれてもユーザーの生体情報が盗まれることはなく、

iMac (24-inch, M1, 2021)とTouch ID搭載Magic Keyboard

AppleはTouch ID搭載のMagic Keyboardの発売に合わせてデザインを多少変更したMagic MouseとMagic Trackpadのシルバーモデルをそれぞれ8,800円と13,800円で、Apple製の入力デバイスで統一したい方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    2018以降のMacBookシリーズ(T2チップ搭載)では、パーツとしてのTouch ID は、T2チップにリンクされており、補修部品としてTouch ID を交換しても指紋認証登録がエラー(機能しない)になります。その理由は、Touch ID に指紋情報が保存されておりセキュリティ上の漏洩、すり替えの恐れがあることだったと思います。今回のTouch ID搭載のMagic Keyboardでは「登録したユーザーの生体情報(指紋)はMagic Keyboardではなく、Apple M1チップのSecure Enclaveに保存され」、ユーザーの生体情報が盗まれることもなく、異なるTouch ID搭載のMagic Keyboardにも交換可能なようですから、内蔵キーボード組み込みのTouch ID も同様の仕組みを取り入れて、修理を容易にして欲しいです。

  2. 匿名 より:

    MagicMouseどこが変わったんだろう?