Apple M1チップを搭載したMacのSSDはストレージ容量によりシーケンシャルRead/Writeとも3,000MB/s近くに。

スポンサーリンク

 Apple M1チップを搭載したMacのSSDは前モデルの最大2倍程度で、シーケンシャルWriteも容量により3,000MB/s近くになっています。詳細は以下から。

Apple M1

 Appleが2020年11月より発売を開始した初のApple Silicon「Apple M1」チップを搭載したMacでは、M1チップのストレージコントローラと最新のフラッシュテクノロジーにより、MacBook Air (M1)ではストレージのRead/Write値が、前モデルの最大2倍となることが発表されていましたが、

MacBook Air (M1, 2020)のSSD速度

この3連休に現在も並行して販売されているIntel Mac mini (2020)の512GBと、Mac mini (M1, 2020)の1TB SSDモデルをセットアップする機会に恵まれたので、M1チップを搭載したMacでストレージ容量差によるスコアを確認してみました。

Intel Mac mini (2020)というモデルは実際にはありませんが、価格据え置きでストレージ容量が2倍になったMac mini (2018)の通称です。
スポンサーリンク

ベンチマーク

 まず、Mac mini (M1, 2020)の1TB SSDモデルのSSD「AP1024Q」と、同くM1チップを搭載したMacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)の256GBモデルのSSD「AP0512Q」で、Apple Silicon Macにも対応したストレージベンチマークアプリAmorphousDiskMark v3.1を利用してRead/Write値を測定してみました。

AmorphousDiskMark v3.1

 Mac mini (M1, 2020)とMacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)では機種は違いますがSSDコントローラー(M1)と利用されているSSDのシリーズは同じようで、Read値についてはSEQ1M/QD8がRead 3.3~3.4GB/s、SEQ1M/QD1が2.1~2.3GB/sとほぼ同じスコアなものの、Write値については1TBモデルがSEQ1M/QD8、QD1ともに3GB/sを超えるスコアとなっています。

MacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)の256GBモデルとMac mini (M1, 2020)の1TBモデル

 SSDの容量が大きいほどWrite値が高速なのはコントローラーがアクセスできるフラッシュメモリ数の多い(いわゆるインターリーブアクセス)ためで、この傾向は古いMac[1, 2]でも同じく、現在もMac mini (M1)と並行して販売が続いているMac mini (2020)の512GB(AP0512M)モデルと比較してみると、Mac mini (M1)の1TBモデルは2倍近いWrite値になっていることがわかるので、M1 MacのSSDに高速な書き込み性能を求める方はストレージ容量をカスタマイズすることをおすすめします。

Apple M1チップMacのSSDとIntel 8世代MacのSSD性能

Apple M1チップMacのSSDとIntel 8世代MacのSSD性能

Appleの実施したベンチマークでは、Mac mini (M1, 2020)の2TBモデルはRead/Write値ともに最大3.4GB/sに達するそうです。

おまけ

 ちなみに、Intel Macでは内部ストレージの接続プロトコルが「PCI-Express」でしたが、Apple M1チップを搭載したMacではストレージのプロトコルが「Apple Fabric」という新しいプロトコルになっています。

Apple M1 SSD Apple Fabric

コメント

  1. 匿名 より:

    SSDコントローラーの性能はあまり大したことないのかな?