UIをアップデートしMediumやSketchなどのステータス情報の確認に対応したクラウドサービスモニター「stts 2.0」がリリース。

stts cloud services monitor app v2 仕事効率化
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 UIをアップデートしMediumやSketchなどのステータス情報の確認に対応したクラウドサービスモニター「stts 2.0」がリリースされています。詳細は以下から。

stts

 SmartNews, Inc.エンジニアのMahdi Bchatniaさんは現地時間2021年08月15日、オープンソースで開発している複数のクラウドサービスのステータスをMacのメニューバーからチェックできるアプリ「stts」の最新バージョンとなる「stts v2.0」をリリースし、ChargebeeやClick、Linear、LinkedIn API、Mediumなど17のサービスを新たに追加しています。

stts cloud services monitor app v2

UI updates! Bigger text, more spacing and less problems with long service names.

リリースノートより

 stts v2.0で追加されたのは以下の17のサービスでAppleとAdobeのクラウドサービスもアップデートされており、加えてstts v2.0ではUIがアップデートされ、長いサービス名のためstts v1.xまではサービス名が省略されていたサービスも正確に表示されるようになっています。

stts 2.0

  sttsはmacOSのネイティブ通知にも対応しており、システム要件はOS X 10.11 El Capitan以上でオープンソースで開発されているので、常にステータスが気になるサービスがあるかたは試してみてください。

UI updates! Bigger text, more spacing and less problems with long service names.
Added services:

  • Chargebee
  • Click
  • Linear
  • LinkedIn API
  • Medium
  • Miro (thanks @korosuke613)
  • MuleSoft
  • Plausible Analytics
  • Primcloud
  • Railway
  • ReadMe (thanks @ysaunier)
  • Salesforce (and all its services)
  • Sendbird (and all its regions)
  • Sketch
  • Snowflake (thanks @markbrennan)
  • Tableau
  • Threader

Updated services:

  • Adobe
  • Apple

コメント

タイトルとURLをコピーしました