1999年に漢字Talk7をサポートしリリースされた「SweetMail」が「sweetmail」としてMac App Storeで公開。

シェアする

スポンサーリンク

 1999年に漢字Talk7をサポートしリリースされた「SweetMail」が「sweetmail」としてMac App Storeで公開されています。詳細は以下から。


 SweetMailは杉浦真一さんが漢字Talk7用として1999年に公開したメールクライアント[1, 2]で、OS X 10.8 Mountain Lion向けに2013年までアップデートが続いていましたが、今回OS X 10.11 El Capitan以降をサポートし「sweetmail」として新たにMac App Storeで公開されています。

SweetMailは漢字Talk7用として1999年に初版がリリースされてから、OS X Mountain Lion用に2013年までアップデートされ続けてきたメールアプリです。今回新しく書き直してsweetmailになりました。旧版とは少し使い勝手が違いますがご愛用いただければ幸いです。

Namera

 sweetmailのデザインは昔と変わらず複数ペインを用いる形で、テンプレートやルール(フィルタ)による仕分け、旧SweetMailからのデータ移行、キーボードによる操作などが利用可能となっており、IMAP4, POP3プロトコルのメールに対応しています。

 アカウント個数制限、ルール個数制限、テンプレート数制限はそれぞれ480円の内課金制となっていますが、価格は無料で全ての機能を利用できるので、興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    昔使ってたPostinoとかも復活しないかな。