Apple SiliconをネイティブサポートしたmacOS用X Window System「XQuartz 2.8.0」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple Siliconをネイティブ・サポートしたmacOS用X Window System「XQuartz 2.8.0」がリリースされています。詳細は以下から。

XQuartz

 AppleのJeremy Huddleston Sequoiaさんは現地時間2021年03月21日、今年01月末からApple Siliconへの対応のため約4年ぶりにメンテナンスを再開し、Beta/RC版を公開してアップデートを行ってきたmacOS用のX Window System(XクライアントとX11サーバー)「XQuartz v2.8.0」をリリースしたと発表しています。

XQuartz 2.8.0

Changes in 2.8.0

  • Adds native support for Apple Silicon Macs.

リリースノートより抜粋

 XQuartzは2002年にXFree86プロジェクトが開発し、2003年からはAppleも参加して一時はMac OS X/OS Xのスタンダードパッケージとしてインストーラーに同梱されていましたが、2012年にリリースされたOS X 10.8 Mountain Lionを境にプリインストールされなくなり、2016年以降はメンテナンスもされない状態にありました。

XQuartz 2.8.0でXeyesやxman、xlogoなどを起動

 約4年ぶりのアップデートとなるXQuartz v2.8.0ではIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなり、XQuartz自体のウィンドウがmacOS 10.14 Mojaveでサポートされたダークモードにも対応していますが、OS X 10.9 Mavericksより前のOS Xのサポートが打ち切られたほか、libXaw8などX11ライブラリで非推奨となったライブラリが削除されています。

XQuartz 2.8.0 Signed by Apple

開発者署名はv2.8.0でもApple Inc,(NA574AWV7E)となっています。

 XQuartz 2.8.0は以下の公式サイトおよびGitHubリポジトリからダウンロード可能で、初期インストール後にはログアウトとDISPLAY環境変数のアップデートが推奨されているので、現在もXを利用されている方は試してみてください。

Changes in 2.8.0

  • Adds native support for Apple Silicon Macs.
  • Removes support for versions of macOS older than 10.9
  • Removes build-time support for deprecated X11 libraries:
    • libXaw8
    • libXevie
    • libXfontcache
    • libxkbui
    • libXp
    • libXTrap
    • libXxf86misc
  • Removes Xfake
  • Removes xpyb
  • Removes older libpng