macOSデフォルトでは対応していないサードパーティのファイルシステムを利用できるようにする「macFUSE」がApple Siliconをサポート。

スポンサーリンク

 macOSデフォルトでは対応していないサードパーティのファイルシステムを利用できるようにする「macFUSE」がApple Siliconをサポートしています。詳細は以下から。

macFUSE

 macFUSEはGoogleが2007~2009年にかけて開発してたGoogle MacFUSEのポートで、ユーザスペースで動作するファイルシステム(FUSE:Filesystem in Userspace)をmacOSでインストールすることで、macOSデフォルトでは対応していないサードパーティ製のファイルシステム(例えばNTFSやSSHFS)を利用できるようにしてくれますが、このmacFUSEがApple Siliconに対応しています。

macFUSE v4.1.0

macFUSE 4.1.0

  • Add support for building macFUSE on Apple Silicon.
  • Add native Apple Silicon support to the updater and uninstaller. macFUSE does no longer require Rosetta 2 on Apple Silicon Macs.

リリースノートより

 macFUSEのApple Silicon対応は昨年10月にリリースされたmacFUSE v4.0.0から開始されており、先週リリースされたmacFUSE v4.1.0ではApple Silicon Mac上でのBuildがサポートされ、アップデートやアンインストールにもRosetta 2が不要となっているそうです。

macOS 11 Big SurのSKEL

 macFUSE v4.xインストール時にはmacOSのSKELにより、機能拡張がブロックされるので、利用される方はインストール時にメンテナンスをされているBenjamin Fleischerさんが署名した機能拡張を有効にする必要があります。

スポンサーリンク

おまけ

 Apple M1チップを搭載したMacをフルセキュリティで利用されている場合は、Macを終了後、電源を長押しして[macOSの復元/復旧]からユーティリティ → [起動セキュリティユーティリティ]で低セキュリティを選択して確認済みの開発元からのインストールを許可してやる必要があります。

Apple Silicon Macの起動セキュリティユーティリティ