ディスプレイの解像度をメニューバーから変更できるMacアプリ「Display Menu」がApple Siliconに対応。

スポンサーリンク

 ディスプレイの解像度をメニューバーからシステム環境設定の設定以上に変更できるMacアプリ「Display Menu」がApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

Display Menu icon

 Display Menuは2012年にドイツのThorsten Karrerさんが公開したMac用ディスプレイユーティリティで、Appleが同年にリリースしたOS X 10.8 Mountain Lionから、ディスプレイ設定アイコンをメニューバーから削除したため、その代用アプリとして開発されましたが、このDisplay Menuが約4年ぶりのアップデートとなる「Display Menu v2.2.4」でApple Siliconに対応しています。

Display Menu for Mac

This version adds native support for machines with Apple Silicon CPUs.

リリースノートより

 Display Menu v2.2.4はIntelとApple SiliconをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっており、ノッチ付きMacBook Pro (14/16インチ, 2021)で利用し、アスペクト比を16:10に変更すれば、他のディスプレイユーティリティと同じく、ノッチの裏に隠されてしまったアプリを表示することができるので、興味のある方は試してみてください。

Display Menu