Mac mini (M1, 2020)はピーク性能時でも消費電力がMac mini (2018)の待機時電力を超えず、Geekbench 5のワークロードを3分の2時間で処理可能。

スポンサーリンク

 Mac mini (M1, 2020)はピーク性能時でも消費電力がMac mini (2018)の待機時電力を超えず、Geekbench 5のワークロードを3分の2時間で処理できるようになっています。詳細は以下から。

Apple M1

 Appleが2020年11月に発表したARMベースのApple Silicon初のとなるApple M1」チップはTDPなどの詳細なスペックは公開されていないものの、スペシャルイベントでは元Intel Israel Design Centerのシニアマネージャーで、現在はAppleのSVPを務めるJohny Sroujiさんにより、

  1. Apple M1チップは電力効率に優れ、最新のノートPCのCPUパフォーマンスを4分の1の電力で発揮できる。
  2. MacBook Airシリーズの熱設計枠である10Wでは、最新のノートPC用CPUの約2倍のパフォーマンスを発揮できる。

という説明がなされ、

Intel Israel Design Center Johny Srouji

クリックで拡大

公開されたMac mini (M1, 2020)の電力消費情報とIntelの第8世代 Core iプロセッサ(Coffee Lake)搭載モデルのMac mini (2018)と比較しても、Apple M1チップは第8世代 Core iプロセッサの約3分の1の消費電力であることがわかりましたが、

Mac mini (M1, 2020)の消費電力

実際に、Mac mini (M1, 2020)とMac mini (2018)の上位モデルでベンチマーク時の消費電力量を比較できる機会に恵まれたので、パフォーマンスと消費電力量を測定してみました。

スポンサーリンク

ベンチマーク

ベンチマーク環境

 今回お借りしたMac miniはApple M1チップを搭載したMac mini (M1, 2020)と、それと並行して現在も販売が続いているMac mini (2018)のフルスペックモデルで、OSはMac mini (M1, 2020)がmacOS 11 Big Sur、Mac mini (2018)がmacOS 10.15 Catalinaの最新バージョンとなっていますが、ベンチマークに利用したGeekbench 5のワークロードはOSのバージョンにほぼされないないため計測値に問題ないと思います。

Mac mini (2018) Mac mini (M1, 2020)
このMacについて このMacについてMac mini (2018) Mac mini (M1, 2020)のこのMacについて
プロセッサ Intel Core i7-8700B Apple M1チップ
クロック数 3.2GHz
(TB 4.60GHz)
3.2GHz
電力消費

待機中
最大稼働時

19.9W 6.8W
122W 39W
メモリ 64GB
(DDR4 2666MHz)
16GB
(LPDDR4X)

 また、電力量の測定にはラトックシステムのBluetoothワットチェッカーRS-BTWATTCH2を利用します、こちらは以前Mac mini (Late 2014)をTime Capsuleの代わりにした際に利用したWi-FiワットチェッカーRS-WFWATTCH1の後継モデルで、

Mac mini (2018) vs (M1, 2020)とRS-BTWATTCH2

RS-BTWATTCH2とMac mini (M1, 2020)、Mac mini (2018)

名前の通り接続した電気機器の消費電力や電流/電圧、電気料金、CO2排出量などの情報をBluetooth経由でスマートホンに表示、CSV形式で書き出してくれる機能があるので、Geekbench 5の実行中の消費電力を測定しグラフ化してみました。

ラトックシステムのRS-BTWATTCH2

ベンチマーク時の消費電力

 実際に、Geekbench 5ベンチマーク実行中の消費電力の推移が以下の通りで、Mac mini (2018)はCPU稼働がピークの際にはAppleが公開した電力消費(122W)の以上の130W前後の値が出ていますが、どちらのMac miniともUSB-C PD供給型のモバイル4Kディスプレイを1枚接続しているので、その分の値がプラスされています。

Mac mini (2018) Mac mini (M1, 2020)
設定 Intel Apple Silicon Intel
(Rosetta 2)
Single-Core
スコア
1070 1726 1243
Multi-Core
スコア
5042 7327 5534
実行時間[秒] 154 104 126
消費電力量[Ws] 12703 2256 2854

 以上の測定値をグラフ化してみると、Mac mini (M1, 2020)はApple M1チップの消費電力がピーク時でもMac mini (2018)の待機電力すら超えることなく、約3分の2の実行時間でGeekbench 5の全てのワークロードを終え、それに伴い1回のベンチマークの消費電力量もMac mini (M1, 2020)の5.6倍になっています。

Mac mini (M1, 2020)と(2018)のGeekbench 5実行時の電力消費量

クリックで拡大

 また、Mac mini (M1, 2020)は消費電力だけでなく、ベンチマークスコアでもMac mini (2018)のIntel Core i7-8700Bを圧倒しているので、Mac miniを冬場の暖房家電として見ている方以外は、Apple M1チップを搭載したMac mini (M1, 2020)を購入された方が電気代*や時間の節約になるので、利用されているアプリや周辺機器のApple Silicon/macOS 11 Big Sur対応をチェックしながら検討してみてください。

Apple M1のGeekbenchスコア

契約会社やプランにもよりますが、電気料金も26円/kWh&常時CPU最大稼働で計算してMac mini (M1, 2020)は年間9,046円なのに対し、Mac mini (2018)は28,299円程度になります。

コメント

  1. 匿名 より:

    M1チップの優秀さに異論を挟むつもりはありませんが
    i7-8700搭載PCだと待機電力が10W切るモデルも珍しくないので(5~7Wもある)
    Mac mini (2018) の設計が悪いという面もあります。