販売が終了したAirMac Time Capsuleの代わりに、Mac miniでmacOS High SierraのTime Machine共有機能を利用する。

スポンサーリンク

 macOS High SierraのTime Machine共有機能を利用してMac miniをAirMac Time Capsuleの代わりに利用する方法です。詳細は以下から。

Mac miniのアイコン。

 Appleは2018年04月、現在販売しているWi-Fiルーター「AirPort(日本ではAirMac)」シリーズを最後に、「AirMac Express, Exterm, Time Capsule」の販売を終了すると発表しましたが、同製品は2013年に発売されWi-Fiルーターとして数世代前の製品で、現在市場にはAirMac以上の性能や機能を持った製品が複数存在しているためAppleが推奨する代替製品探しには困らないと思いますが、

AppleのAirMac Time Capsule

Time Machine機能を搭載したAirMac Time Capsuleは他社が発売していないため、この代わり探しているユーザーの方もいるようでしたので、Mac mini (Late 2014)をmacOS 10.13 High SierraのTime Machine共有機能を利用してTime Capsule化してみました。

macOS 10.13 High Sierraから新たに追加されたTime Machineホスト機能

Time MachineをサポートしたNASは多く発売されていますが、Time Machineに加えてiOSのコンテンツキャッシュまで管理&保存するサーバーが欲しかったので、

スポンサーリンク

Time CapsuleとMac miniの比較

 Time Machine用デバイスとして見た時のAirMac Time CapsuleとMac mini (Late 2014)のざっくりとしたスペックは以下の通りで、Mac miniは中古の2.6GHzモデルが4万円台で手に入ったので、これを利用していますが、Time Machineサーバーとしてだけで利用するならIntel Core i5-4260U 1.4GHzを搭載したエントリーモデルでもいいと思います。

AirMac
Time Capsule
Mac mini (Late 2014)
ストレージ容量 2TB/3TB 500GB/1TB
価格 2TBモデル:29,800円
3TBモデル:39,800円
1.4GHzモデル:48,800円
2.6GHzモデル:68,800円
2.8GHzモデル:98,800円
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Gigabit Ethernet
サイズ 高さ:168 mm
幅:98 mm
奥行き:98 mm
高さ:36 mm
幅:197 mm
奥行き:197 mm
重さ 約1.48kg 約1.20kg
発売日 2013年6月 2014年10月
最大消費電力 ??? (連続使用時)85W
リンク 技術仕様 技術仕様

 また、Mac miniのストレージはTime Machineサーバーとして利用するためLowerをBootOS用としてNVMe SSDとSSDケーブルで、UpperをTime Machine用として2TBのHDDに追加&換装しています。

High SierraのTime Machine共有機能

 macOS 10.13 High Sierraから導入(Serverから移植)されたTime Machine共有機能はSMBプロトコルで共有されたホスト(ここではMac mini)に接続されたストレージをTime Machineのバックアップ先として指定できる機能で、ホストおよびゲスト側で以下の様な設定が必要となります。

ホスト側の設定

 ホスト側のMac miniはまず、Time Machine用のHDDをHFS+でフォーマットし、システム環境設定アプリから[共有]パネルを選択。サービス「✅ ファイル共有」を有効にしたら、先ほどフォーマットしたHDDを「共有フォルダ」に追加します。

 次に、追加されたHDD(ここではTimeMachine2014)をOptionキーを押しながらクリックし、コンテキストメニューから「詳細オプション…」を選択。

 最後に共有フォルダのオプションで「✅ Time Machineバックアップ先として共有」のチェックボックスをONにして[OK]ボタンを押せばホスト側の設定は終了です。

バックアップするMacの設定

 バックアップするMacの設定は簡単で、システム環境設定からこれまで通り[Time Machine]を選択して、「バックアップディスクを追加」から先ほど設定したHigh SierraのMac(ホスト)のTime Machine用ストレージを選択すればTime Capuleの様にMac miniを利用できます。

Time CapsuleとMac miniの消費電力

 また、AirMac Time Capsule機能をMac mini (Late 2014)へ移行するにあたり、気になっていた消費電力も調べてみましたが、ラックシステムの「REX-BTWATTCH1」でアイドル時と、バックアップ作成時(駆動時)の消費電力を確認したところ3.5inch HDDを利用しているAirMac Time Capsuleの方が消費電力が高くなっていました。

Mac miniの方はバックアップを作成しながら画像の編集などで利用していたのでグラフが上下しており、Y軸[W]の最大値はそれぞれ30Wと20Wになっていることを注意してください。

 まだ移行して始めのバックアップしか作成していませんが、Mac miniを利用すればサポート終了が先にくるAirMac Time CapusleのTime Machine機能の代わりをHigh Sierraを搭載したMacに任せられるので、古いMac miniをお持ちの方は検討してみてください。(コンテンツキャッシュは別記事にします)

コメント

  1. 匿名 より:

    (・∀・)イイネ!!
    miniも更新してほしいところ……

  2. 匿名 より:

    わかっちゃいるけどMac Miniすら無くなると踏んでるからその場しのぎだな。
    一番の問題は糞みたいな形のNASしか無いって事。

  3. 匿名 より:

    mac miniにusb3がついてたらなお良いんだけど

  4. 匿名 より:

    YAMAHAのはそこそこおしゃれですね。

  5. 匿名 より:

    珍しく久しぶりにまともな検証記事だな

  6. 匿名 より:

    ノートPC使うのも良いかもね。

  7. 匿名 より:

    Mac ProやiMac Proみたいな拡張性のないハイエンド機よりも
    手ごろな価格でミドルユーザーが自由にいじれるMac miniみたいなのが
    潜在的にユーザーに望まれてそうな感じ・・・

  8. 匿名 より:

    ソフトウェアRAIDにHigh Sierraがインストールできないから、Sierraで同じことをやってる。ファイル共有はAFPだけど。