Macのアプリケーションファルダ内にあるアプリがIntel/Apple Siliconアーキテクチャに対応しているかをチェックしてくれるオープンソースのユーティリティ「Silicon」がリリース。

スポンサーリンク

 Macのアプリケーションファルダ内にあるアプリがIntel/Apple Siliconアーキテクチャに対応しているかをチェックしてくれるオープンソースのユーティリティ「Silicon」がリリースされています。詳細は以下から。

Silicon for Mac

 Siliconは、AppleがiTunes v12.7で削除したApp StoreやiPhoneの管理機能を備えたユーティリティiMazingシリーズなどを開発&販売しているスイスDigiDNA SARLののJean-David Gadinaさんが新たに公開したユーティリティアプリで、Macのアプリケーションファルダ内にあるアプリがIntelとApple Siliconアーキテクチャのどちら/または両方に対応したアプリかをチェックしてくれる機能があります。

Silicon for Mac

Identify Intel-Only Apps on your Mac with ease

DigiDNA/Silicon – GitHub

 Siliconの使い方はアプリを起動して表示されたウィンドウにチェックしたいアプリをドラッグ&ドロップする、または、[Start Scanning]ボタンを押すだけで、スキャンではアプリケーションフォルダ内のアプリを全てチェックする事ができます。

Silicon for Macの使い方

 スキャン機能ではオプションとしてアプリケーションファルダ内のアプリだけをスキャンする[✅ Only Scan the Applications Folder](デフォルト)と、アプリ内のヘルパーアプリやコンパニオンアプリなどを再帰的に検索する[Recurse into Applications]が用意されており、後者を有効にしておくと、Appleが32-bitアプリのサポートを終了した際にも見つけるのに苦労したAdobeのヘルパーツールやクラッシュレポート、デーモンなどのApple Silicon対応状況が確認できます。

Recurse into Applications

 Silicon for MacはMITライセンスでGitHubにアプリとソースコードが公開されており、Uni Detector」や「Go64」アプリも同様の機能が使えるので、アプリケーションファルダ内のアプリがどれだけApple Silicon Macでネイティブ動作するかをチェックしたい方は試してみてください。

コメント

  1. 通行人さん より:

    URLこちらですね

  2. 通行人さん より:

    URLこちらですね
    ttps://imazing.com/downloads