パフォーマンスの向上とPDF/SVGフォントの圧縮をサポートした「Optimage v2」がリリース。

スポンサーリンク

 パフォーマンスの向上とPDF/SVGフォントの圧縮をサポートした「Optimage v2」がリリースされています。詳細は以下から。

Optimage v2のアイコン

 OptimageはロシアのVlad Danilovさんが2016年から開発している画像圧縮ツールで、イギリスのKornelさんが開発いているOSSのImageOptimと比較してユーザーが設定できるオプションが少ないものの、圧縮率は高く設定されていますが、このOptimageがv2.0.0へアップデートし、PDFやSVGフォントの圧縮をサポートしています。

2.0.0 – 7 March 2018

  • Added PDF format support
  • Significantly improved PNG compression density and performance
  • Added support for SVG fonts
  • Added lossy GIF compression

Optimage Version Historyより抜粋

 Optimage v2.0.0で追加されたライブラリを見る限りでは、新たにサポートされたPDFはGhostscript, SVGフォントはSVGOを利用して圧縮しているようで、他の画像フォーマットと同様にPDFやSVGファイルをドラッグ&ドロップするだけで自動的にコピーを作成し圧縮してくれます。/p>
Optimage v2

 Optimageは現在v2.0.0へのアップデート記念として通常価格15ドルのところを9ドルで販売していますが、Free版でも1日24枚の画像圧縮が可能なので、興味のある方は利用してみて下さい。

Windows用GUI/Linux用CLIクライアントも今後公開されるようです。