Intelプロセッサのアクティブコア数の制限やHTの無効化が可能なユーティリティ「CPUSetter」がApple M1チップの設定には非対応ながらUniversal Binaryに。

スポンサーリンク

 Apple M1チップの設定には非対応ながら、プロセッサのアクティブコア数の制限やHTの無効化が可能なユーティリティ「CPUSetter」がUniversal Binaryになっています。詳細は以下から。

CPUSetter

 Intel製プロセッサを搭載したMacではバッテリー駆動時間を伸ばすために、VoltageShiftやTurbo Boost Switcher、VoltaなどIntel CPUのアクティブコア数やTurbo Boost、Hyper Threading(以下、HT)を制限スクリプトやユーティリティがいくつか公開されましたが、その1つである「CPUSetter」が新たにIntelとApple Siliconアーキテクチャでネイティブ動作するUniversal 2 Binaryになったそうです。

CPUSetter on Apple M1 Mac

 CPUSetterはWhatRouteなどを開発しているBryan Christiansonさんが2013年から開発しているCPUユーティリティで、CPUのアクティブコア数やHTの有効/無効設定を行うことで、Intel CPUがスロットリングを起こすのを防いでくれる機能があります。

CPUSetter 1.6.0

 CPUSetterがUniversal 2 Binaryになっても、Intelプロセッサで利用できた設定がApple Silicon M1チップで利用できるというわけではありませんが、システム状態の表示やプロセッサの優先順位(nice値)の設定は利用できるようなので、興味のある方は試してみてください。

CPUSetter System Stats and Processes

スポンサーリンク

リリースノート

CPUSetter 1.6.0

Please note: Some functionality is not available on Apple Silicon (M1) machines.

  • Disable unused controls on Apple Silicon.
  • Scale values on GPU graph(s).
  • Fix time scaling on Apple Silicon.
  • Fix restoring CPU control value on start up.

CPUSetter 1.5.6

  • Built as universal binary application.
  • Show disk i/o per sec.