VMware、複数の不具合を修正した「VMware Fusion 11.5.6 for Mac」をリリース。macOS 10.15.6 Catalinaでカーネルパニックに陥る不具合は未修正。

スポンサーリンク

 VMwareが複数の不具合を修正した「VMware Fusion 11.5.6 for Mac」をリリースしたと発表しています。詳細は以下から。

VMware Fusionのアイコン。

 仮想化ソリューションVMwareシリーズを開発&販売している米VMware, Inc.は現地時間2020年08月06日、Macユーザー向けにx86ベースの仮想マシンを構築できる仮想化ソリューション「VMware Fusion」シリーズの最新バージョンとなる「VMware Fusion 11.5.6 for Mac」をリリースしたと発表しています。

VMware Fusion 11.5.6 for Mac

VMware Fusion 11.5.6 は無料アップデートで、すべての VMware Fusion 11 ユーザーに推奨されます。

  • Fusion 11 は macOS 11 Big Sur では実行できません。これは、macOS 11 では使用できないカーネル拡張機能に依存しているためです。
  • バグ修正とセキュリティ アップデート。

リリースノートより抜粋

 VMware Fusion 11.5.6 for MacではSandisk製の外付けHDDやUSB大容量ストレージが仮想マシンで認識されない不具合やiPhoneをWindowsゲストに接続するとプラグインアクションが表示されなくなる不具合、Dual GPUをサポートしていないiMacやMac mini、Mac Proで3Dアプリケーションにハイパフォーマンスグラフィックスを利用(3Dグラフィックスの高速化)するオプションを利用するとVMware Graphics Serviceがクラッシュする不具合が修正されていますが、

High Performance Graphics for 3D Applications Only

VMwareのリリースノートとVMware Fusion Forumによると、今回のアップデートは以前から予定されていたアップデートで、macOS 10.15.6 CatalinaへアップデートされたMacでVMware Fusionがメモリリークを起こし、ホスト側のMacをハング&カーネルパニックに陥る不具合は修正されていないそうなので、ユーザーの方は注意してください。

macOS 10.15.6 Catalinaがカーネルパニックに陥るVMwareの不具合

Hi again everyone!
Just thought I should give you a heads-up: Fusion 11.5.6 does not include any solution or workaround for this memory leak issue when running on macOS 10.15.6 hosts. Sorry to disappoint.

VMWare Fusion potentially causes macOS 10.15.6 to crash – VMware Communities

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、VMware Fusion 11.x for MacはmacOS 11 Big Surで使用できないカーネル拡張機能(.kext)を利用しているため、現在Beta版が公開されているmacOS 11 Big Surでは利用できませんが、VMwareは既にmacOS 11 Big Surを試験的にサポートしたVMware Fusion Tech Preview 20H2を公開しています。

macOS 11 Big Sur上で動作するVMware Fusion

リリースノート

Resolved Issues

  • Sandisk Extreme SSD device is not recognized in a virtual machine
    Unable to connect a Sandisk Extreme SSD device to VM because the device is not recognized in the guest operating system.
  • This issue is now resolved.
  • Plug In Action is broken when an iPhone is connected to Windows guest operating system
    After the Plug In Action for iPhone is set to Ask what to do, the Ask what to do dialogue box doesn’t appear when an iPhone is connected to the Windows guest.
  • This issue is now resolved.
  • The VMware Graphics Service crashes and causes the system to crash
    When the Use High Performance Graphics for 3D Applications Only option is selected on a Mac which doesn’t have dual GPUs (For example: iMac, Mac Mini, Mac Pro), the VMware Graphics Service crashes.
  • This issue is now resolved.
  • Some USB mass storage devices can’t be accessed in a virtual machine
    After you select the checkbox next to a USB mass storage device in USB & Bluetooth Settings to connect it to a running virtual machine, the virtual machine is unable to access the mass storage device.
  • This issue is now resolved.

Known Issues

  • VMware Fusion causes macOS 10.15.6 hosts to operate unreliably
    VMware Fusion might cause a macOS 10.15.6 host to hang, panic, or unexpectedly restart after a virtual machine has been running for a period of several hours or more. Users are forcibly logged out and lose their current session and data.
    Restart your Mac regularly to avoid failure. If macOS 10.15.6 has not yet been deployed on a host, consider deferring deployment until the issue has been resolved.

追記

 Appleは現地時間2020年08月12日、macOS Catalina 10.15.6追加アップデート Build 19G2021をリリースし、VMware FusionやVirtualBoxのような仮想化アプリケーション実行時に発生する可能性のある不具合を修正したと発表しています。

macOS Catalina 10.15.6追加アップデート