VMware、macOS 11 Big Surとの互換性を向上させWindows 10 20H2やUbuntu 20.10をサポートした「VMware Fusion 12.1 for Mac」をリリース。

スポンサーリンク

 VMwareがmacOS 11 Big Surとの互換性を向上させWindows 10 20H2やUbuntu 20.10をサポートした「VMware Fusion 12.1 for Mac」をリリースしています。詳細は以下から。

VMware Fusionのアイコン。

 仮想化ソリューションとなるVMwareシリーズを開発&販売している米VMware, Inc.は現地時間2020年11月19日、macOS 11 Big Surリリース後の初のアップデートとなるIntel Mac用・仮想化アプリ「VMware Fusion 12.1 Player/Pro for Mac」をリリースしたと発表しています。

VMware Fusion 12.1.0 Pro および Player

VMware Fusion 12.1.0 Pro および Player の概要

  • ホストとゲストの両方としての macOS 11 Big Sur 向けに最適化
  • macOS 11 Big Sur でのネストされた仮想化のサポート
  • 新しいゲストのサポート

リリースノートより抜粋

 VMware Fusion 12.1 for Macでは正式にリリースされたBig Surで確認されていた不具合の修正および、ホスト/ゲストの両方をBig Sur向けに最適化するとともに、VMCS Shadowingが利用できないMacでもNested/VT-Xをサポートし、新たに Windows 10 20H2とUbuntu 20.10をゲストOSとしてサポートしています。

VMware Fusion 12.1

 VMware FusionはApple Silicon Macをサポートしていないものの、VMware Fusion v12.0から個人利用(非商用)に限りライセンスが無償化されmacOS 11 Big SurやeGPU、Windows VMでのDirectX 11とOpenGL 4.1、USB 3.1(10 Gbps)がサポートされているので、もうしばらくIntel Mac環境が必要な方は試してみてください。

VMware Fusionの無償ライセンス

スポンサーリンク

リリースノート

VMware Fusion 12.1.0 Pro および Player の概要

  • ホストとゲストの両方としての macOS 11 Big Sur 向けに最適化
  • macOS 11 Big Sur でのネストされた仮想化のサポート
  • 新しいゲストのサポート
    • Windows 10 20H2
    • Ubuntu 20.10
  • KIND v0.9.0 をサポートするように「vctl kind」を更新
  • Fusion に「docker-machine-driver-vmware」を追加
  • パフォーマンスの向上とバグの修正