Mac用アーカイブユーティリティ「Keka」やアクティブウィンドウ・通知ユーティリティ「Tinkle」がApple Silicon Macに対応。

スポンサーリンク

 Mac用アーカイブユーティリティ「Keka」やアクティブウィンドウ・通知ユーティリティ「Tinkle」がApple Silicon Macに対応しています。詳細は以下から。

Universal 2のアイコン

 AppleはWWDC20でARMベースの自社製プロセッサ「Apple Silicon」を発表し、開発者に対してIntelとApple Siliconプロセッサでネイティブ動作するアプリケーションバイナリを開発できる「Universal 2」「DTK (Developer Transition Kit)」の提供を開始しましたが、それらを活用しアーカイブユーティリティ「Keka」アクティブウィンドウ・通知ユーティリティ「TinkleがUniversal Binary化されています。

macOS 11 Big Sur Universal Binary

 Universal Binary化されたKekaとTinkleはそれぞれ公式サイトやGitHubリポジトリからダウンロード可能で、x86_64バイナリとarm64バイナリの両方を含んだUniversalアプリはlipo」コマンドでチェックできます。

KekaとTinkleがUniversal 2化

 ちなみに、KekaはUniversal化したものの、開発者のaONeさんがApple Silicon製Macを手に入れていないため、DTKを借りた開発者に対しチェックを求めているようです。(15年前のPPC/Intel移行期にもIntel Macが買えない開発者の方が購入者にUniversalのチェックを求める”ウニバーサル”や”ウニ化”というワードが生まれましたが、今回も同様の動きがありそうです。)

スポンサーリンク

おまけ

 また、Tinkleを開発しているTakayama FumihikoさんのMac用キーボードカスタマイザー「Karabiner-Elements」は、macOS 10.15.4 Catalina以降で起動すると、将来のmacOSでは動かなくなるというレガシィSystem Extensionの警告が出るようになっていますが、これについてもDriverKitを利用したKarabinerの開発が進んでいるそうです。

Legacy System Extension Legacy System Extension

About Legacy System Extension alert
This release still uses the kernel extension (aka legacy system extension), so the following alert will be shown. We are working to migrate to a newer mechanism, DriverKit, from kernel extension and we plan to support it at Karabiner-Elements 13.0.0. It will take a little more time. Please wait.

Karabiner-Elementsのリリースノートより