Apple Silicon Macでは「macOSの復元」を表示する面倒なキーコンビネーションを廃止され、Touch IDの長押しだけで可能に。

起動オプションを表示するには押し続けてください。 Apple Silicon Mac
起動オプションを表示するには押し続けてください。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Apple Silicon Macでは「macOSの復元」を表示する面倒なキーコンビネーションを廃止され、Touch IDの長押しだけで可能になりました。詳細は以下から。


 Appleは日本時間2020年11月17日、初のMac用Apple SiliconApple M1チップ」を搭載したMacBook Air/Pro、Mac miniの発売を開始しましたが、このM1チップを搭載したMacでは「macOSの復元 (macOS Recovery)」が刷新されています。

Apple M1のMacBook mini

 macOSの復元/復旧は、いわゆるリカバリーモードでMacを起動し、macOSのクリーンインストールや修復を行う機能で、Intel Macではキーコンビネーションにより、そのMacと互換性のある最新のmacOSやMacに付属していたmacOSをクリーンインストールするなど操作が複雑で、スタートアップ時のキーコンビネーションにはその他にもD、T、N、Command + Sなど様々な組み合わせがありましたが、

起動時のキーコンビネーション 動作
Command + R 最新のmacOSにアップグレードせず、
Macにインストールされていた
最新のmacOSをインストール。
Option + Command + R 利用しているMacと互換性のある
最新のmacOSにアップグレード。
Shift + Option + Command + R
*macOS 10.12.4以降
Macに付属していたmacOSか、
そのバージョンに一番近い、
現在も利用可能なmacOSをインストール。
Option または Alt 起動時にStartup Managerを起動。
D Apple Diagnosticsユーティリティを起動。
T ターゲットディスクモードで起動。
Command + S シングルユーザモードで起動。
N NetBootサーバから起動。

WWDC20で発表されていた通りApple Silicon Macでは、このmacOSの復元/復旧がMacのTouch IDボタン(デスクトップは電源からStart up Option)の長押しのみで起動できるようになっています。

Apple Silicon MacのmacOSの復元

 また、Apple Silicon MacのmacOSの復元ではGUIも刷新され、macOSの復旧を行う「復旧」、Time Machineのバックアップデータからデータを復元する「Time Machine System Restore」、

起動オプションを表示するには押し続けてください。

起動オプションを表示するには押し続けてください。

macOSの再インストールを行う「macOSインストール」やディスクユーティリティ、起動セキュリティユーティリティ、ターミナル、Mac Sharing Modeなどが選択&実行できるようになっているので、Apple Silicon Macを購入された方は試してみてください。

Apple M1のmacOSの復元

コメント

タイトルとURLをコピーしました