macOS 11 Big SurではUSBやSerial、PCIに加えSCSI ControllerのDriverKitが用意され、レガシィなサードパーティ製Kextはロード不可能に。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurではUSBやSerial、PCIに加えSCSI ControllerのDriverKitが用意され、レガシィなサードパーティ製Kextはロード不可能になるそうです。詳細は以下から。

DriverKitのロゴ

 Appleは2019年06月に開催したWWDC19でmacOS 10.15 Catalinaを発表するとともに、これまでmacOSのデバイスドライバとして利用してきたカーネル拡張(Kernel Extension:.kext)に代わるSystem ExtensionとDriverKitを発表。macOS 10.15 CatalinaがKextをフルサポートする最後のmacOSになるとコメントし、macOS 10.15.4ではDriverKitに置き換えられるレガシィなKPIsを利用するアプリをインストールしようとすると、将来のmacOSで対応しなくなるという警告が表示されるようになりました。

System Extensions and DriverKit

macOS CatalinaのSystem Extensionを使えば、Network Extensionやエンドポイントセキュリティソリューションなどのソフトウェアが、カーネルレベルのアクセスを必要とすることなく、macOSの機能を拡張できます。DriverKitは、デバイスドライバ開発におけるIOKitを完全に置き換える最新のフレームワークです。System ExtensionおよびDriverKitで構築したドライバはユーザー空間で動作するため、macOSのセキュリティと安定性を危険にさらすことはありません。

System Extension – Apple Developer

 DriverKitで開発された拡張機能(Dext:DriverKit Extension)は、KPIsで開発された拡張機能(Kext:Kernel Extension)と違いカーネル空間ではなくユーザー空間で動作するため、

DriverKitとユーザー空間

AppleはKextが原因で発生していたカーネルパニックやセキュリティの懸念は次期macOSで取り除かれると発表していましたが、その次期macOS「macOS 11 Big Sur」ではDriverKitがさらに拡張されるそうです。

System Extensions and DriverKit

スポンサーリンク

PCIとSCSIのDext

 WWDC20のセッション10210「Modernize PCI and SCSI drivers with DriverKit」によると、AppleはmacOS 10.15 CatalinaのDriverKitでUSB、Serial、NIC、HIDをサポートし、2020年03月にリリースしたmacOS 10.15.4 CatalinaでPCIをサポートしていましたが、今年秋にリリースされるmacOS 11 Big SurではSCSI ControllerまでがDriverKitでサポート(開発可能)されるそうです。

macOS 11 Big SurのDriverKit extension (dext)

 これに伴い、Big SurではmacOS Catalinaで非推奨となったレガシィKextがロードされなくなり、System ExtensionフレームワークやDriverKit SDKを利用して開発可能な機能のKextもロードされなくなるそうです。

In macOS Big Sur, kexts that were deprecated in macOS Catalina will not load

We’ve begun deprecating kernel extensions that can perform the same function as a system extension including the device family supported by DriverKit.In macOS Big Sur, kexts that were deprecated in macOS Catalina will not load by default.

Modernize PCI and SCSI drivers with DriverKit – WWDC 2020 – Videos – Apple Developer

 また、Appleは同じセッションの中で、SCSIControllerDriverKitで開発したFibre Channel機能拡張(Dext)のデモを公開し、Final Cut Pro XのPlaybackが、ディスクスループットの最大Read値350MB/s近くまで利用できているとコメントしていますが、

DriverKitとFibre ChannelとFinal Cut Pro

サードパーティ製デバイス・メーカーがmacOS 11 Big Surリリースと同時にDextデバイスドライバを公開できるかは不明なので、デバイスドライバを伴う周辺機器を多く利用されているユーザーの方はメイン環境をBig Surへアップグレードする前に、検証を行い、デバイスメーカーのサポートページなどをチェックしたほうがよさそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    古い機材は軒並み使えなくなるのか・・・

  2. 匿名 より:

    古いMacは新OSが入らんから、そりゃそうだわな

  3. 匿名 より:

    Macは切り捨てばかりだな。新しいものも目新しさは少ない。