Macのメニューバーからディスプレイの解像度などをシステム設定以上に変更できるユーティリティアプリ「Displays」がmacOS 10.15 Catalinaに対応しTrue ToneのOn/Off機能を追加。

スポンサーリンク

 Macのメニューバーからディスプレイの解像度などをシステム設定以上に変更できるユーティリティアプリ「Displays」がmacOS 10.15 Catalinaに対応しTrue ToneのOn/Off機能を追加しています。詳細は以下から。


 Displaysはフランスの開発者Jean-Baptiste ZEDDAさんが2015年から開発&公開しているMacのディスプレイ用ユーティリティアプリで、メニューバーからディスプレイ解像度の変更、ナイトモード、PinP機能などが利用できますが、このDisplaysがバージョン1.9へアップデートし、macOS 10.15 Catalinaをサポートしています。

Displays for macOS

Displays 1.9 (06.01.2020)

  • Ready for macOS Catalina
  • True Tone can now be quickly enabled / disabled
  • Added a setting to open PiP for secondary monitors when app launches
  • Added a keyboard shortcut to open PiP for secondary monitors
  • Added a keyboard shortcut and notification for True Tone

リリースノートより抜粋

 Displays v1.9ではmacOS 10.15 Catalinaのサポートに加え、MacBook ProなどのTrue Tone対応ディスプレイでTrue Toneを瞬時にOn/Offできるボタンが追加され、スクリーンショットを撮影した際にPinPプレビュー画像がセカンダリーディスプレイに表示されるキーボードショートカットが追加され、MacBook Pro (16-inch, 2019)で追加/廃止されたリフレッシュレートにも対応。

Displays for Mac

 Displaysはv1.3までMac App Storeで販売されていましたが、現在はSandbox制限のためJibappsストアでの販売に切り替わっており、価格は1ライセンス約600円で、マウスポインタのハイライト、デスクトップ上のファイルを一時的に隠してくれる機能、スクリーンショットのトリミング機能などが利用可能なので、興味のある方は15日間利用可能なトライアル版を利用してみてください。

Displays 1.9 (06.01.2020)

  • Ready for macOS Catalina
  • True Tone can now be quickly enabled / disabled
  • Added a setting to open PiP for secondary monitors when app launches
  • Added a keyboard shortcut to open PiP for secondary monitors
  • Added a keyboard shortcut and notification for True Tone
  • Improved identification of AirPlay monitors
  • Improved privacy settings
  • Updated Frameworks
  • Fixed truncated monitors frequencies, especially on MacBook Pro 16in
  • Fixed an issue with the Welcome window
  • Fixed an issue with numbering tool in screenshot editor
  • Fixed incorrect keyboard shortcuts for favorites resolutions
  • Fixed other small issues

コメント

  1. 匿名 より:

    AppStoreでの更新やめてたのかよ知らんかった。