macOS 10.15.2 Catalinaアップデート後にデジタルカメラからUSB経由で画像の取り込みやリモート撮影などのテザリング機能が利用できない不具合は「EOS Utility」でも発生中。

スポンサーリンク

 macOS 10.15.2 Catalinaアップデート後にデジタルカメラからUSB経由で画像の取り込みやリモート撮影などUSBテザリングが利用できない不具合は「EOS Utility」でも発生しているそうです。詳細は以下から。

EOS Utility for Macのアイコン

 Appleが現地時間2019年12月10日にリリースした「macOS Catalina 10.15.2 Build 19C57」アップデートではPhase Oneの写真編集アプリCapture Oneのテザー撮影機能が利用できなくなる不具合が報告されていますが、Canonが提供している「EOS Utility」などでもこれと同様の不具合があるそうです。

EOS Utility v3.11.1

EOS Utility 2.14.31/3.11.1

  • macOS 10.15.2 において、USB接続機能(画像の取り込み、リモート撮影、レンズ光学補正データの登録)が正常に動作しないことを確認しました。(macOS 10.15.0/10.15.1 では問題ありません。)対策バージョンを検討しておりますが、時期未定となっております。
  • 初回起動時、”System Events”を制御するアクセス確認メッセージが表示される場合があります。表示された場合には、[OK]※1を選択してください。

【カメラ】macOS 10.15(Catalina)動作確認状況 – Canon

 この不具合はApple Support Communities[1, 2]、米Canonのサポートコミュニティで報告されており、Canonは「EOS Utility v 2.14.31/3.11.1」および「Picture Style File Registration Tool v1.0.0」でUSB接続による画像の取り込みやリモート撮影、レンズ光学補正データの登録が出来ない問題を確認し、

EOS Utility on macOS 10.15.2エラー

macOS 10.15.2 was released by Apple on December 11, 2019. Following operation checks performed with this version at Canon, we have confirmed a USB connection issue with “EOS Utility 3.11.1 for Mac OS X” and “Picture Style File Registration Tool 1.0.0 for Mac OS X” whereby the functions enabled by connecting a camera and a Mac device via USB cannot be used.

To Users of EOS Utility 3.11.1 for Mac OS X and Picture Style File Registration Tool 1.0.0 for Mac OS X – Canon South & Southeast Asia

アップデートを準備しているそうですが、12月18日現在のところアップデートは公開されていないため、仕事でCanonのデジタル一眼レフカメラを利用されている方は注意してください。

Wi-Fi機能を搭載したモデルはWi-Fi経由での接続は問題なく機能するそうです。
スポンサーリンク

macOS 10.15.2のテザリング問題

  • 2019年12月10日
    ▶ AppleがmacOS 10.15.2 Catalinaをリリース。

  • 2019年12月12日
    ▶ Phase Oneの写真編集アプリCapture OneでUSB経由によるテザー撮影が出来ない不具合が報告される。

  • 2019年12月13~17日
    ▶ AdobeのLightroomやCanonのEOS Utility、富士フイルムのFUJIFILM X RAW STUDIOでも同様にUSB経由によるテザー撮影や写真の転送ができない不具合が報告される。

  • 2019年12月19日
    ▶ Phase OneがmacOS 10.15.2 CatalinaへアップデートしたMacでテザー撮影が利用できない不具合を修正したCapture One v20.0.1/12.1.5をリリース。

  • 2019年12月20~25日
    ▶ Phase Oneのサポートフォーラムで引き続き不具合が報告され、Phase Oneがこれを認識し引き続き対応していくと発表。

  • 2019年12月25日
    ▶ Nikonの「Camera Control Pro 2」や「ViewNX-i」、「Wireless Transmitter Utility」でカメラが認識しない、画像が転送できない不具合が確認される。

  • 2020年01月16日
    ▶ Nikonと富士フィルムが一部ユーティリティの不具合を修正

  • 2020年02月05日
    ▶ AdobeがLightroomとCanonのデジタル一眼レフカメラで発生していたテザリング機能の問題が修正されたと発表。

  • 2020年02月06日
    ▶ 富士フィルムがmacOS 10.15.3 CatalinaFUJIFILM X RAW STUDIO v1.8.1で問題が修正されたと発表。