macOS 10.15.2 Catalinaアップデート後に「Capture One」のテザー撮影機能が利用できなくなる不具合。

スポンサーリンク

 macOS 10.15.2 Catalinaアップデート後に「Capture One」のテザー撮影機能が利用できなくなる不具合が発生しているそうです。詳細は以下から。

Capture Oneのロゴ

 Appleは現地時間2019年12月10日、macOS Catalina向けにmacOS Catalina 10.15.2 Build 19C57アップデートの提供を開始しましたが、このアップデートを適用したMacでデンマークPhase Oneの写真編集アプリ「Capture One」のテザー撮影機能が利用できなくなる不具合が確認されているそうです。

Capture One

We are aware of the issues surrounding tethering in Capture One 12.1.4 and Capture One 20.0 when running on Mac OS 10.15.2.
There is currently no workaround for this issue and the only solution we can provide is that you re-install Mac OS to a previous version.

Regarding tethering and Mac OS 10.15.2 (Catalina) – Capture One

 Capture Oneのテザー撮影機能はカメラにMacやPCをUSB接続することで、撮影した写真を直接Mac/PCへ送ることができる機能で、不具合が確認されているのはmacOS 10.15.2 CatalinaへアップグレードしたMacとCapture One v12.1.4および最新のCapture One v20.0で、CanonやNikon、Fujifilm、Sonyなどのカメラでテザー撮影ができなくなっているそうです。

 同様の不具合はmacOS Catalinaアップデート後にAdobe LightroomとNikonの一眼レフカメラでも発生していますが、Phase OneのJackさんは現在のところ、この不具合の唯一の回避策は元のmacOSのバージョンへ戻すことだとコメントしているので、Capture Oneを利用されている方は注意してください。

Adobe Lightroom tether issue on macOS Catalina

Lightroomで不具合が発生しているのはmacOS 10.15.0以降、Capture OneではmacOS 10.15.2以降です。
スポンサーリンク

追記

 デンマークPhase Oneは現地時間2019年12月19日、写真編集アプリ「Capture One」のテザー撮影機能が利用できなくなる不具合を修正した「Capture One v20.0.1」および「Capture Onev12.1.5」をリリースしています。

Capture One v20.0.1

コメント

  1. 匿名 より:

    お仕事用なので困るよね。
    上げてなくてよかったわ。