Apple、AffinityシリーズやPixelmator Pro、DaVinci Resolveなど「Mac Pro (2019)」と「Pro Display XDR」に最適化され性能をフルに発揮できるアプリをストーリーで公開。

スポンサーリンク

 AppleがAffinityシリーズやPixelmator Pro、DaVinci Resolveなど「Mac Pro (2019)」と「Pro Display XDR」に最適化され性能をフルに発揮できるアプリをストーリーで公開しています。詳細は以下から。

MacPro (2019)

 Appleが現地時間2019年12月10日に販売を開始したMac Pro (2019)および「Apple Pro Display XDR」ディスプレイはマルチGPUやApple Afterburnerアクセレーター、10ビットカラー(色深度)やP3の広色域、持続輝度1,000 nit(最大輝度1,600 nit)をサポートしているものの、これらのH/Wを利用するにはS/W側の対応も必要ですが、そんなMac ProとPro Display XDRに最適化されたアプリをAppleがストーリーで公開しています。

‎Max Out Your Mac Pro and XDR Display - Mac App Store Story

Mac ProとPro Display XDRは、前代未聞のパフォーマンスにより、今まで以上に多くのことを、これまでよりも短時間でやってのけます。進化したAppを使って、ハードウェアの性能を限界まで引き出しましょう。

‎Max Out Your Mac Pro and XDR Display – Mac App Store Story

スポンサーリンク

Mac Pro/Pro Display XDRに最適化されたアプリ

 AppleはWWDC 2019前から、一部のソフトウェア会社とMac Pro (2019)およびPro Display XDRのパフォーマンスを最大限に引き出せるよう準備を進めており、その中の1社である英SelifはMulti-GPUをサポートしたAffinity Photo for Mac v1.7以降で、Mac Pro (2019)とRadeon Pro Vega II Duo (4GPU) 2台を利用することにより以前のバージョンと比較して最大50倍以上のパフォーマンスを発揮できるようになっており、

WWDC 2019でのAffinityスイーツ

同じくリトアニアのPixelmator Teamが開発しているPixelmator Proはv1.5以降でMulti-GPUに対応し、CoreMLを利用したノイズ除去が最大2倍、エフェクトは2.5倍速く処理可能で、Pro Display XDRの最大輝度1,600 nitでのRAW編集もサポートしています。

 その他、現在のところMac Pro (2019)とApple Pro Display XDRをサポートしているアプリはBlackmagic Designの「DaVinci Resolve」、Adobeの「Lightroom」、Appleの「Final Cut Pro」や「Logic Pro X」、「Xcode」があげられているので、Mac Pro (2019)を購入された方は他のモデルと比較してみてください。

Mac Pro

Mac Proのマルチコア処理が実現した、圧倒的なスピードを体験しましょう。ビデオの編集も、RAW画像の加工も、コードのコンパイルも、すべてのコアを活用するこれらのAppは、驚異的な速さで実行します。

  • Affinity Photo
  • Affinity Designer
  • Affinity Publisher
  • DaVinci Resolve
  • Final Cut Pro
  • Logic Pro X
  • Pixelmator Pro
  • Xcode

Pro Display XDR

あなたの動画や写真をより鮮明に映し出す、まったく新しい光に触れてみませんか。これらの高度な編集用Appは、6Kの解像度、P3の広色域、真の10ビットカラー、究極のダイナミックレンジを誇る、Pro Display XDRに最適化されています。

  • Affinity Photo
  • DaVinci Resolve
  • Final Cut Pro
  • Adobe Lightroom
  • Pixelmator Pro