macOS 10.15 Catalinaのリリースに備えて各OS X/macOSのインストーラーアプリをダウンロードする。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaのリリースに備えて各OS X/macOSのインストーラーアプリをダウンロードする方法です。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2019年10月03日、開発者向けにmacOS CatalinaのGolden Master版macOS Catalina 10.15 GM seed (19A582a)」をリリースし、Catalina(Catalyst)に対応したアプリの審査を開始しました。

Project Catalyst

 また、特に発表されていませんが、同日付けでMac App Storeで配布されているmacOS 10.12 Sierra~macOS 10.14 Mojaveのインストーラーアプリがセキュリティアップデート2019-005とmacOS Mojave 10.14.6追加アップデートをパッチしたバージョンとなったので、macOS 10.15 Catalinaのリリースに備えて各最新のインストーラーをダウンロードしてみました。

macOS 10.15 Catalinaまでのインストーラー

スポンサーリンク

インストーラーのダウンロード

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveなど最新のmacOSで古いインストーラーの再ダウンロードを禁止し、macOS MojaveではMac App Storeの購入済パネルにも表示されないようになりましたが、Appleに入社されたAndrew Naylorさんが開発していたコマンドラインツール「masを利用すれば購入済インストーラーに限り以下のようにダウンロード可能です。

masコマンドでOS X 10.8 Mountain Lionをダウンロードし

現在利用しているmacOSより古いOSのインストーラーは開けませんが、起動可能なインストーラーの作成には利用できるので、Macのクリーンインストール時に役立ちます。

OS X/macOSのバージョンとプロダクトID、masコマンドの使い方

macOS/OS Xのバージョン プロダクトID
OS X 10.7 Lion 444303913
OS X 10.8 Mountain Lion 537386512
OS X 10.9 Mavericks 675248567
OS X 10.10 Yosemite 915041082
OS X 10.11 El Capitan 1018109117
New 1147835434
macOS 10.12 Sierra 1127487414
macOS 10.13 High Sierra 1246284741
macOS 10.14 Mojave 1398502828
brew install mas #brewでmasコマンドをインストール
mas install プロダクトID

 全てのインストーラーアプリをダウンロードする必要はないと思いますが、システム要件が変更されたOS X 10.11 El CapitanやmacOS 10.13 High Sierra(APFSにも対応)、そして32-bitアプリが利用可能な最後のmacOSとなるmacOS 10.14 Mojaveのインストーラーは今後のためにも確保しておいたほうがいいと思います。

OS X LionかmacOS 10.14 Mojaveまでのインストーラー

全インストーラーをダウンロードすると43GBほどのストレージ容量が必要です。

おまけ

 注:macOS 10.14 MojaveではmacOSのアップデートパネルがシステム環境設定パネルに移動したため、masコマンドでMojaveのインストーラーをダウンロードすることはできないので、以下のURLよりMac App Storeを開き、[入手]ボタンを押してシステム環境設定パネルから「macOS 10.14.6 Mojave」のインストーラーをダウンロードしてください。

macOS 10.14 MojaveをmacOS 10.14 Mojaveでダウンロード

https://apps.apple.com/jp/app/macos-mojave/id1398502828?mt=12

コメント

  1. 匿名 より:

    どゆこと?