PFU、macOS 10.15 Catalinaでサポート終了が発表されたScanSnap S1500、S1500M、S1300を再びサポートした64-bit版「ScanSnap Manager」を公開。

スポンサーリンク

 PFUがmacOS 10.15 Catalinaでサポート終了が発表されたScanSnap S1500、S1500M、S1300を再びサポートした64-bit版「ScanSnap Manager」を公開しています。詳細は以下から。

ScanSnap Manager

 イメージスキャナーデバイスScanSnapシリーズを開発&販売している株式会社PFUは日本時間2019年08月、同年10月にリリースされるmacOS 10.15 Catalinaでは32-bitアプリのサポート終了に伴い、同社のScanSnap Managerアプリが動かなくなるとして、macOS CatalinaではScanSnap S1500、S1500M、S1300が利用できなくなると発表しましたが、

S1500、S1500M、S1300

macOS Catalina v10.15では、以下の従来ソフトウェア2製品はお使いいただけません。

  • ScanSnap Manager
  • CardMinder

[…]現在ご利用中の従来のソフトウェア2製品は2018年10月12日をもちましてアップデートの提供を終了しております。macOS Catalina v10.15では32ビットのアプリケーションがサポートされないため、ご利用中の従来のソフトウェア2製品はお使いいただけません。

(お知らせ)ScanSnapをご利用のお客様への重要なお知らせ – PFU

PFUは日本時間2020年06月25日、ScanSnap S1500、S1500M、S1300をmacOS Catalinaでも継続して利用したいというユーザーの声に応え、64-bit版ScanSnap Managerを開発し、macOS 10.15 CatalinaでもScanSnap S1500、S1500M、S1300が利用できるようになったと発表しています。

macOS CatalinaにおけるScanSnap S1500、S1500M、S1300のご利用について

2019年8月6日に (お知らせ)ScanSnapをご利用のお客様への重要なお知らせとして、macOS Catalina v10.15にてScanSnap Managerが動作せず、 ScanSnap S1500、S1500M、S1300をご利用いただけない旨のご案内をいたしました。しかしながら、ScanSnap S1500、S1500M、S1300をmacOS Catalinaで継続利用したいというお客様の声を多くいただきました。 それらのご要望にお応えするため、macOS Catalinaでお使いいただける64ビット版ScanSnap Managerの開発を進め、このたび提供が可能となりました。

macOS CatalinaにおけるScanSnap S1500、S1500M、S1300のご利用について – PFU

 64-bit化されたScanSnap Managerはバージョン7.0で、ScanSnap S1500、S1500M、S1300は保守終了済で、修理は受け付けていないものの、32-bitアプリが動かないmacOS 10.15 Catalina以降のmacOSでも引き続きS1500、S1500M、S1300を利用することができるようになっているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

ScanSnap Manager v7.0

コメント

  1. おちょぼ より:

    遅いです….
    ソフトが動かないのでiX1500を買ってS1500Mは廃棄してしまった