VNCクライアント「Screens」がiOS/iPadOS 13でマルチウィンドウとダークモードに対応。

スポンサーリンク

 VNCクライアント「Screens」がiOS/iPadOS 13でマルチウィンドウとダークモードに対応しています。詳細は以下から。


 Mac/iOS用VNCクライアント「Screens VNC」シリーズを開発しているカナダのEdovia, Inc.は現地時間2019年09月30日、Screens for iOS/iPadOSをv4.9へアップデートし、iOS 13/iPadOS 13でサポートされたシステムベースのダークモードとマルチウィンドウに対応したと発表しています。

Screens for iPad v4.9

IAPで提供さていた独自のダークモードは廃止されています。

 これにより、iPad(iPadOS 13)ではmacOSやWindows、Linux、Raspbianなど複数のOSをSide-by-Sideで操作することが可能になったほか、iOS 13/iPadOS 13の長押しで利用できるコンテキストメニューがLibraryに追加され、パスコードマネージャもマルチウィンドウに対応しているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Screens for iPadOS

スポンサーリンク

Screens v4.9

This new version fully supports the new and shiny bits from Apple for iPhone and iPad!

What’s new:

  • Adds multiple windows support
  • Adds support for system-wide Dark Mode
  • New contextual menus for items in the Library
  • New Passcode management (for locking Screens) that is compatible with multiple windows …
  • … And the possibility to use alphanumeric passcodes instead of just numeric like in the past

Fixed and improved:

  • Fixed some toolbar layout issues in multitasking or multiple windows mode
  • Fixed Dvorak keyboard support
  • Fixed SSH key clipboard import that could fail under some circumstances
  • Stability and performance improvements