iOS 13にはダークモードに最適化された壁紙が同梱。

スポンサーリンク

 iOS 13にはダークモードに最適化された壁紙が同梱されています。詳細は以下から。

iOSの設定アプリ

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveでシステムやアプリケーションのアピアランスを暗くし、ユーザーの気を散らす要素を軽減させることでコンテンツに集中させるスクリーン機能「ダークモード」を採用し、本日リリースされた「iOS 13」でもこのダークモードをサポートしましたが、AppleがMojaveでも採用したダイナミックデスクトップ用壁紙のように、iOS 13ではライトモードとダークモードを切り替えることで自動的にスタイルを変える壁紙が用意されています。

iOS 13にはダークモードに最適化された壁紙が同梱。

 ダークモードをサポートした壁紙を利用したい方は、iOS 13の設定アプリから[壁紙] → [壁紙を選択]で、コントロールセンターに追加されたライトモードとダークモードの切り替えボタンがある壁紙を選択。

ライトモードとダークモードをサポートした壁紙。

 後は設定アプリの[画面の表示と明るさ]やコントロールセンターからライトモードとダークモードを切り替えれば、壁紙のカラーが自動的に切り替わります。

スポンサーリンク

おまけ

 また、設定アプリの[壁紙]項目にある、「ダークモードで壁紙を暗くする」はONにするとライトモードとダークモードをサポートしていない壁紙でもダークモード時にコントラストが下がります。

ダークモードをサポートしていない壁紙