macOS 10.14 Mojaveには時間と共に自動的にデスクトップ画像を変更するダイナミックデスクトップ機能が搭載。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveには時間と共に自動的にデスクトップ画像を変更するダイナミックデスクトップ機能が搭載されています。詳細は以下から。

デスクトップとスクリーンセーバー

 Appleは現地時間2018年06月04日に開催した「WWDC 2018」の基調講演で、次期macOS 10.14 Mojaveでは壁紙を現地時間の朝・昼・夜に合わせて自動的に変更するという「ダイナミックデスクトップ(Dynamic Desktop)」が利用できるようになると発表しましたが、この機能は単に時間に合わせて3枚の壁紙を変更するという機能では無いようです。

MojaveのDynamic Desktop

macOS Mojaveでは、ダークモードに切り替えてデスクトップを暗い色調に変えることができ、それによりコントロール部分が背景になじみ、ユーザのコンテンツにフォーカスが当たるようになります。ユーザはデスクトップの明暗を切り替えることができます。メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべて、ダークモードのデザインを利用できます。また、macOS Mojaveには、その日の時刻に合わせて自動的にデスクトップ画像を変更する新しいダイナミックデスクトップ機能も搭載されています。

Apple、macOS Mojaveを発表 – Apple

スポンサーリンク

ダイナミックデスクトップ

 AppleのmacOS Mojaveプレビューページでは、このダイナミックデスクトップのデモを行うことができますが、このデモには合計16枚のモハベ砂漠の画像が利用されており(以下)、macOS Mojaveに同梱されている実際のダイナミックデスクトップ用壁紙は5K解像度で、

macOS 10.14 MojaveのDynamic Desktop画像アニメ

macOS 10.13 High SierraからサポートされたHEIF/HEIC(High Efficiency Image File:拡張子は.heic)」形式で100MB以上あり、macOS Mojaveでのみ動作するようになっているので、Appleが今後仕様を公開すればユーザーがダイナミックデスクトップを作成することが可能になるかもしれません。

iOS 7から導入されたiPhoneの傾きにより壁紙が動くダイナミック壁紙とは別物です。