Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がAppleの公証サービスを通過し、BTTより左のメニューバーのアイコンを隠すアクションを追加。

シェアする

スポンサーリンク

 Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がAppleの公証サービスを通過し、BTTより左のメニューバーのアイコンを隠す機能を追加しています。詳細は以下から。

Mac用 入力支援ツール「BetterTouchTool」のアイコン。

 Macの入力支援ツール「BetterTouchTool (以下,BTT)」を開発しているドイツのAndreas Hegenbergさんは現地時間2019年02月02日、BTT v2.717を公開し、BTTがAppleがMac App Store外で配布されている野良アプリに求めている公証サービスApple Notary Serviceを通過すると共に、以下の新機能を追加したと発表しています。

BetterTouchTool 2.717

BetterTouchTool 2.717 (February, 2, 2019)

  • BTT is now using Apple’s “Hardened Runtime” on macOS and is notarized using the Apple notarization service.
  • Added a little but useful action “Show / Hide Menu Bar Icons left of BTT Icon”. This can make your menubar look a bit more clean if you have many menubar apps. It’s not nearly as powerful as other apps that focus on this, but for my needs it’s good enough. You can e.g. assign it to the “Double Click Menbuar” trigger:

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

レイアウトを記録

 BTT v2.717では新たに現在のウィンドウレイアウトを記録し元に戻すことができる“Save / restore specific window layout”アクションが追加されており、

Save / restore specific window layout

SwitchemLayAuto for Macといったウィンドウマネージャアプリと同等の機能を利用できるようになりました。

メニューバーアイコンの非表示

 また、同バージョンでは“Show / Hide Menu Bar Icons left of BTT Icon”というアクションも新たに追加され、このアクションを利用するとVanillaBartenderのように、メニューバーに表示されているBTTアイコンより左のアイコンを隠す事が可能です。

メニューバーに表示されるBTTアイコンの移動はCommandキーを押しながらマウスカーソルで移動するだけです。

 BTT v2.717では他にもマウスポインターがあるディスプレイにウィンドウを集める“Move and maximize all windows to mouse display”アクションもサポートされているので、興味のある方はトライアル版を利用してみてください。