2018年8月16日をもってサードパーティTwitterアプリのプッシュ通知機能が利用できなくなるため、プッシュ通知を今後も利用したいユーザーは公式アプリで対応を。

スポンサーリンク

 2018年8月16日をもってサードパーティTwitterアプリの通知機能が利用できなくなるため、各開発者がプッシュ通知機能を今後も利用したいユーザーはTwitterの公式アプリで対応して欲しいと呼びかけています。詳細は以下から。

Twitter for iOSのアイコン。

 既報の通り、Twitterは現地(米国)時間2018年08月16日をもってサードパーティアプリやサービスに提供してきたプッシュ通知やリアルタムで更新されるライブストリーミング・タイムラインが利用可能な”User Streams API”を廃止し、新しいAccount Activity APIに移行しますが、

開発者のためのリソース
私たちはUser StreamsとSite StreamsからAccount Activity APIに移行する開発者のために移行ガイドを作成しました。一部の開発者の皆さんがお気づきのように、ストリーミング連携もしくはタイムラインデータに関する機能は廃止します。実際、こちらは1%未満の月間アクティブアプリで利用されているにとどまるため、本決定に至りました。

Account Activity APIを全ての開発者の皆さんに公開 — Twitter Blog

これに伴いTweetbotやTwitterrifcなどのサードパーティ製アプリが提供している通知機能が利用できなくなる(廃止される)ため、各サードパーティ製アプリの開発者らが今後もプッシュ通知機能を利用したい場合はTwitterの公式アプリを利用するようにツイートしています。

スポンサーリンク

プッシュ通知を有効にする

 Twitter公式アプリの通知機能を有効にするにはまず、Twitterアプリを開いて[設定] → [通知] → [プッシュ通知]へ移動。既にTwitterアプリでプッシュ通知を有効にしている場合はプッシュ通知を受け取りたいアクティビティを有効にします(Fig.2の4枚目)。

Twitter公式アプリのプッシュ通知設定

Fig.1

 まだTwitterアプリでプッシュ通知を有効にしていない方はiOSの設定アプリを開き、アプリのアクセス許可 → [Twitter] → [通知を許可 ✅]でTwitterアプリに通知を許可し、プッシュ通知を受け取りたいアクティビティを有効にします。

Twitter公式アプリのプッシュ通知設定2

Fig.2

 また、Twitterクライアント「Twitterrific」シリーズを開発&販売している米The IconfactoryはTwitterがAccount Activity APIへ移行する2018年08月16日以降、サードパーティ製アプリでタイムラインのリアルタイム性が低下し、1~2分間の遅延が起こると発表しているので、ユーザーの方は注意してください。

Unrealtime
Twitter will also be removing the live-streaming service for third-party apps. This means that after the API is shut down, tweets and direct messages will be delayed by a minute or two, instead of displaying in real time.

Push Nope-ifications • The Breakroom – The Iconfactory