Apple、macOS 10.13.4 High Sierraで「HEIF/HEIC」フォーマットの書出しをネイティブサポート。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.13.4 High Sierraで「HEIF/HEIC」フォーマットの書出しをネイティブサポートしています。詳細は以下から。

macOSのプレビューアプリのアイコン

 Appleは昨年末リリースしたmacOS High SierraおよびiOS 11で高効率の画像フォーマットHEIF/HEIC(High Efficiency Image File:拡張子は.heic)の表示や読み込みをネイティブサポートしましたが、昨日リリースされたmacOS 10.13.4では新たに「HEIF(.heic)」イメージの書出しがmacOSでネイティブサポートされています。

And for camera capture, we’re seeing up to a 2 times better compression compared to H.264 and JPEG. So, another really big deal here.And we’re making all of these changes today. So, if you’ve installed the iOS, iOS 11 seeds, we’ve enabled HEVC Movie and HEIF Image Capture by default.

Working with HEIF and HEVC – WWDC 2017 – Videos – Apple Developer

スポンサーリンク

HEIFフォーマットでの書き出し

 HEIFの書き出しがネイティブサポートされたことで、プレビューアプリなどで[書き出す…]オプションを選択すれば今まではJPEG/JPEG-200/OpenEXR/PDF/PNG/TIFFがデフォルトでしたが、

プレビューアプリの書き出し機能

プレビューアプリではOptionキーを押してフォーマットを選択すればGIFやBMPといったフォーマットでの書き出しも可能です。

macOS 10.13.4アップデート後はHEIFフォーマットが選択可能となっており、ロスレスから圧縮率(品質)を指定しての書き出しが可能なので、アップデートされた方は試してみて下さい。

HEIFフォーマットはmacOS 10.12.x SierraやiOS 10とは互換性がないため、「iMazing HEIC Converter」などを利用してJPEGやPNGといった互換性の高いフォーマットに変更する必要があります。

おまけ

 使用する画像や書き出し時の品質設定にもよりますが、macOS 10.13.4に同梱されているインク・クラウドの壁紙をHEIFで書き出し後のファイルサイズは以下のとおりです。

JPEGとHEIFでのファイルサイズ

追記

 QuickTime Player XのHEVC書き出しはmacOS 10.13.0からサポートされています。

QuickTime PlayerがHEVCでの書出しをサポート

コメント

  1. 匿名 より:

    ロスレスでもJPGと同じか・・・優秀だなぁ。

  2. 匿名 より:

    いいね!               普及すると

  3. 匿名 より:

    ついにこの日が来たか!
    HEIFの為に機材だけ揃えて書籍の自炊を控えてたんだよ
    明日から裁断しまくるぞー